週刊ベースボールONLINE

デーブ大久保コラム

制球難などは突然起こりうるものです。克服法は自分で見つけ出すしかないんです

 

今季は開幕から制球難に陥ってしまった藤浪。8月27日の試合では好投しました。結局デッドボールで自滅しましたが、内容としては復調へ悪くない投球だったと思いますよ/写真=桜井ひとし


 友人でプロゴルファーの横田真一プロがイップスになったときの話を聞いたことがあります。彼は約70人のイップス経験者に話を聞いて、何が一番良い治療なのかを導き出そうとしたそうです。その結果は……何一つとして一致した克服法はなかったとか。現在のスポーツ医学でも自立神経系の医学でも、これを治す方法は今のところないというのが、共通の見解のようです。

 私は、野球で一度もイップスになったことがなかったのですが、プロゴルファーとなったときに、突然バンカーイップスに陥りました。バンカーに入ると、ゴルフクラブを両手で握るとき突然力が入らなくなるんです。このときは、深堀圭一郎プロのグリップの握りをマネて何度も練習し、克服しました。

 やはりイップスというのは、メンタルな部分が・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

デーブ大久保の「さあ、話しましょう!」

元楽天監督、現解説者の「デーブ」こと大久保博元氏の連載コラム。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー