週刊ベースボールONLINE

デーブ大久保コラム

リーグ優勝チームはCSを制すれば日本シリーズでは意外と思い切りプレーできるんです

 

ファイナルステージを突破し、重圧から解放されたソフトバンクナインは、第3戦まではノープレッシャーでプレーしていましたね/写真=小山真司


 日本シリーズはソフトバンクが3勝2敗で王手をかけています。原稿締め切り時点では最終の結果が分かりません。しかし3戦目までを見る限りソフトバンクの選手たちが、思い切りプレーしていた印象が強いです。

 CSファイナルステージの楽天戦では、シーズン終了から間が空いたことも関係してはいますが、ずいぶんと動きが悪かったと思います。特に打線ですよね。1、2戦を落とし、そのあと負けられないという状況でしたから、地力を発揮し連勝でタイに戻し、第5戦は柳田(柳田悠岐)の電撃復帰で快勝という流れでした。

 リーグ優勝チームにはCSファイナルステージでは、リーグ・チャンピオンとして負けられない、という・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

デーブ大久保の「さあ、話しましょう!」

元楽天監督、現解説者の「デーブ」こと大久保博元氏の連載コラム。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー