週刊ベースボールONLINE

立浪和義のコラム

巨人巻き返しのカギは……

 

得点パターンが1つ


 交流戦で巨人が地獄を見ました。

 投打がまったくかみ合わず、球団史上最多の13連敗。今年は連敗するチームが多い印象がありますが、菅野智之マイコラス、さらに田口麗斗と計算できる先発が3人いる巨人が、ここまで大きな連敗をするとは思いませんでした。特に菅野ですね。序盤からあれだけ素晴らしいピッチングを続けてきた男が5月30日の楽天戦で8失点、6月6日の西武戦で5失点。リーグトップだった防御率1.58が2.69まで落ちてしまいました。

 打線の得点力不足も深刻でした。巨人は開幕から阿部慎之助坂本勇人C.マギーで点を取っていましたが、けん引車でもある阿部が調子を落とし、マギーのバットもやや湿りがちとあって、坂本しか得点源がいなくなってしまいました。警戒する場所が1カ所となれば、相手チームも楽ですよね。チーム打率は.323の坂本、.308のマギーがいながらリーグ最下位の.237とつながりの悪さを数字が裏付けています。かつ自慢の長打力も今年はまったく振るわずにチームホームランも32本でリーグトップの広島61本の半分ほどしかなく、184得点は最下位です。

 この低迷を不振の阿部だけの責任にはできません。というより・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

立浪和義

 これから毎週、そのときどきで気になった選手や試合、さらに、私が感じたポイントについて書いていきたいと思います。野球をより深く知りたいという方、また、もっともっと野球がうまくなりたいという中学、高校生のみなさんにも参考になる連載になればと思っています。

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー