週刊ベースボールONLINE

立浪和義のコラム

ヤクルト・山田哲人選手はなぜ不振に陥ったのか

 

昨年以上に厳しく攻められることが多くなった山田/写真=内田孝治


体の開きが早い


 ペナントレースで一番悔しい思いをしたのが、おそらくはヤクルトと、そのファンの皆さんでしょう。球団ワーストを更新する96敗。真中満監督も退任し、来年は新しいスタートを切ることになりました。

 低迷の原因については、何と言っても故障者の続出です。最後までベストメンバーを組むことができませんでした。そして、故障者続出ともリンクすることですが、主軸を担った山田哲人選手の打撃不振も深刻でしたね。

 雄平選手、畠山和洋選手、川端慎吾選手らが故障で抜けた中で相手バッテリーのマークが厳しくなり、山田選手自身も・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

立浪和義

 これから毎週、そのときどきで気になった選手や試合、さらに、私が感じたポイントについて書いていきたいと思います。野球をより深く知りたいという方、また、もっともっと野球がうまくなりたいという中学、高校生のみなさんにも参考になる連載になればと思っています。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー