週刊ベースボールONLINE

立浪和義のコラム

気になる宇佐見選手の起用法

 


しっかり壁ができている


 今回から3週にわたり、2017年に頭角を現した若手選手について書いてみたいと思います。

 まずは、巨人で2年目を終えた宇佐見真吾選手です。右投げ左打ちのキャッチャーで、大卒ですから、来季は25歳のシーズンということになりますね。

 17年は8月途中の一軍昇格でしたが、打席45、打数40とはいえ、14安打、4本塁打で打率.350、9、10月だけなら打率.417と打ちまくっています。

 実は、彼の“出世試合”とでも言うべき9月5日の中日戦[長野]で、ちょうど解説をしていました。雨中の戦いで9回二死から彼が起死回生の同点2ラン。結局、延長11回、寺内崇幸選手のサヨナラ弾で巨人が勝利した試合です。

 あのとき、彼の勝負強さもそうですが、技術に驚きました。田島慎二選手の内角低めのフォークでワンバウンドになりそうな球を打った神業のようなホームランです。

 もちろん、見逃せばボールですから、選球眼という点には課題があるとも言えますが、宇佐見選手は、あの球を・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

立浪和義

 これから毎週、そのときどきで気になった選手や試合、さらに、私が感じたポイントについて書いていきたいと思います。野球をより深く知りたいという方、また、もっともっと野球がうまくなりたいという中学、高校生のみなさんにも参考になる連載になればと思っています。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング