週刊ベースボールONLINE

立浪和義のコラム

阪神・小野泰己選手のストレートの質

 

小野には2ケタ勝利も期待できる潜在能力がある


私が見た2勝目


 阪神小野泰己投手がキャンプから好調のようですね。富士大からドラフト2位で阪神に入った2年目の選手で、昨年は初登板から7連敗と苦しみ、最終的には2勝7敗と大きく負け越しました。ただ、決してすべての試合で悪い内容だったわけではなく、そもそも、何の期待もしていなければ、優勝争いもしたチームの中で、7連敗するまで投げさせなかったはずです。

 私は、たまたま彼の2勝目、9月23日、神宮でのヤクルト戦のテレビ中継で解説をしたのですが、このときは5回無失点と完ぺきな内容。とても7連敗した投手には見えませんでした。

 特に、いいなと思ったのは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

立浪和義

 これから毎週、そのときどきで気になった選手や試合、さらに、私が感じたポイントについて書いていきたいと思います。野球をより深く知りたいという方、また、もっともっと野球がうまくなりたいという中学、高校生のみなさんにも参考になる連載になればと思っています。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング