週刊ベースボールONLINE

プロ野球デキゴトロジー/4月15日

2年前は……中日が3試合連続のサヨナラ勝ち【2015年4月15日】

 

2015年4月15日の阪神戦でサヨナラ勝ちして喜ぶ森繁和ヘッドコーチ(左は平田)


 プロ野球の歴史の中で、日付にこだわって「その日に何があったのか」紹介していく。今回は4月15日だ。

 2017年4月13日、神宮でのヤクルト戦で代打・鵜久森淳志にサヨナラ打を浴び、2対3で敗れた中日。鵜久森は2日のDeNA戦(神宮)でも代打満塁サヨナラ本塁打を放っており、4月は2本目の代打サヨナラ打となる。

 中日にすれば、リリーフから転向し、プロ4年目で初先発の又吉克樹が8回2失点と好投していただけに痛い敗戦だった。これで中日は2勝7敗2分。ぶっちぎりの最下位だ。

 ナインから祝福の水を浴びる鵜久森の姿を見て、中日・森繁和監督の脳裏に、もしかしたら2年前の試合が思い浮かんでいたかもしれない。

 2015年4月15日の阪神戦(ナゴヤドーム)だ。投手戦となり、1対1で9回裏に突入。中日は二死二塁のチャンスをつくると、平田良介がライトの頭を越える二塁打を放ち、2対1でサヨナラ勝ち。12日のDeNA戦でルナ、14日の阪神戦(いずれもナゴヤドーム)でナニータがサヨナラ打を放っており、これで球団新の3試合連続サヨナラ勝ちだ。森監督はこの年、ヘッドコーチだった。

 このときは平田が水をかぶり、森ヘッドはベンチの前でハイタッチ。平田は2年後のこの試合でも2打数2安打、2回にはソロ本塁打を放っていた。最後の打者は二番の亀澤恭平。なんとか五番の平田まで回したかったところだ。

 ただ、15年は最終的には5位。対して、いまのところ最後のリーグ優勝となる11年は最初の8試合で2勝6敗1分と、今年のように大きく出遅れての逆転優勝だった。

 夢よ、もう一度といくか……。

写真=BBM

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー