週刊ベースボールONLINE

プロ野球デキゴトロジー/6月18日

サヨナラ本塁打で中日・彦野利勝に代走が出された珍事件【1991年6月18日】

 

走塁中、突然うずくまった彦野


 プロ野球の歴史の中で、日付にこだわって「その日に何があったのか」紹介していく。今回は6月18日だ。

 1991年6月18日、ナゴヤ球場の中日─横浜大洋戦で事件は起こった。6対6で迎えた延長10回裏二死走者なしから中日の彦野利勝がレフトスタンドに放り込む劇的サヨナラ弾。ヒーローを出迎えようと、中日ベンチから一斉にナインが飛び出したが、当の彦野が一塁ベースを回ったところで突然倒れた。古傷の右ヒザをひねってしまったのだ。そのまま動けず、結局、代走・山口幸司が代わりにホームを踏む珍事件となった。

 ただし、前例はある。サヨナラ本塁打では史上初だが、69年には近鉄のジムタイルが本塁打の後の走塁で左足を肉離れ。伊勢孝夫が代走で1周し、得点も伊勢についたケースがあった。本塁打以外、得点がなかったジムタイルには8本塁打で7得点という不思議な記録が残った。

 なお、この代走ルールは55年から。それ以前は、打った本人が這ってでもホームにかえらなければ得点にならなかったということか(実例は確認できず)。

「一塁ベースを回るときに手前でヒザがガクンと。ホームランなら、もっとゆっくり走ればよかった」と彦野。全治3週間の診断で登録抹消となった。

写真=BBM

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー