週刊ベースボールONLINE

プロ野球デキゴトロジー/6月19日

“神ってる”広島・鈴木誠也が3試合連続決勝弾【2016年6月19日】

 

“神ってる”鈴木の左はこの試合でプロ1号を放った下水流昂


 プロ野球の歴史の中で、日付にこだわって「その日に何があったのか」紹介していく。今回は6月19日だ。

 いまや球界を代表する人気者となった広島鈴木誠也。若き四番としてチームをけん引し、6月14日のオリックス戦(マツダ広島)では延長12回裏に劇的なサヨナラ本塁打を放っている。週刊誌のターゲットとなっても気にせず、逆に“もみってる”ポーズをパフォーマンスとしてやってしまう図太い性格も魅力だ。

 今回は2016年6月19日、まだ1年前で懐かしネタではないが、「オリックス戦、鈴木サヨナラ弾」となれば、これが一番いいだろう。

 6月18日オリックス戦(マツダ広島)で鈴木は2試合連続サヨナラ弾を放ち、試合後、緒方孝市監督が「いまどきの言葉で言えば、“神ってる”よな」とコメント。一気に流行語となっていくが、その翌19日もすごかった。4対4で迎えた8回に決勝ソロ。2013年に入団し、14年1本、15年5本が全本塁打だった男が早くも10号だ。

「分からないです、本当に。ホームランなんて狙っていません」と初々しくクビをひねった鈴木だが、その後もバットは湿ることなく、25年垢慮労者の1人となった。

写真=佐藤真一

関連情報

関連キーワード検索

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー