週刊ベースボールONLINE

今週のベストナイン/8月12日〜8月18日セ・リーグ編

【今週のベストナイン セ・リーグ】菅野との投げ合いに勝ち、広島・薮田が完封勝利

 

風格を増す広島・薮田。これが11勝目だ


 毎週水曜日発売(一部地域を除く)の『週刊ベースボール』。毎回月曜日から日曜日までの試合で「週間ベストナイン」を選定しているが、ONLINE版では土曜日から金曜日まで。今回は8月12日から8月18日までだ。

 最初は広島の独走となっているセだ。

 8月18日現在の順位順期間内勝敗は

1位/広島5勝1敗
2位/阪神3勝3敗
3位/DeNA2勝4敗
4位/巨人3勝2敗
5位/中日2勝3敗
6位/ヤクルト1勝4敗

 投手のベストナインは広島の薮田和樹(25歳)だ。8月12日、マツダ広島。相手は、この時点で広島が13勝5敗と完全にカモにする巨人ながら、マウンドに立ったのは、現在の球界で最も安定感がある投手、菅野智之だ。もちろん、薮田にも、ここまで10勝を積み上げ、首位を走るチームを引っ張ってきた意地と矜持がある。

 試合が最初に動いたのは、2回裏、広島の攻撃だ。先頭の西川龍馬がソロ本塁打で1点。巨人も続く3回に二死からヒットを2本続けたが、薮田は坂本勇人を二ゴロに打ち取り、無失点に切り抜ける。結果的には、この攻防が勝負を分けた。

 以後、薮田は150キロ超のストレートを軸にツーシームも冴え、四球2、死球1、単打2本を許すも失点なし。併殺打3も光った。対して広島打線も菅野、山口鉄也のリレーに追加点を奪えず、接戦のゲームは広島が1対0で逃げ切り、薮田がプロ初の完封勝利をマークした。

 9回表、マウンドに向かう際、地元ファンの大声援を浴びた薮田はこう思ったという。

「黒田さんみたいだな」

 昨年限りで引退した大エース、黒田博樹。薮田にも、そのDNAがしっかりと受け継がれている。

[投手]薮田和樹(広島)
期間内/1試合 1勝 0敗 防御率0.00

[捕手]嶺井博希(DeNA)
期間内/11打数 6安打 0本塁打 2打点 0盗塁 打率.545
※戸柱との併用だが、バットは絶好調。代打でも好機に存在感

[一塁手]福田永将(中日)
期間内/19打数 6安打 3本塁打 7打点 0盗塁 打率.316
ビシエド離脱の後、一塁へ。2000安打の阿部もいるが3本塁打を評価

[二塁手]菊池涼介(広島)
期間内/25打数 7安打 1本塁打 1打点 1盗塁 打率.280
※打率では阪神・西岡の.368が勝るが、安打同数に加え、18日の決勝弾で

[遊撃手]田中広輔(広島)
期間内/25打数 8安打 0本塁打 0打点 3盗塁 打率.320
※積極打法で変わらずチームをけん引。3盗塁、6得点と足も光った

[三塁手]鳥谷敬(阪神)
期間内/20打数 9安打 0本塁打 1打点 0盗塁 打率.450
※2000安打に向かうベテランは8月打撃絶好調で打率も急上昇

[右翼手]福留孝介(阪神)
期間内/17打数 5安打 2本塁打 8打点 0盗塁 打率.294
※打率は今一つだが、勝負どころでは神がかるベテラン。8打点は見事

[中堅手]丸佳浩(広島)
期間内/20打数 7安打 1本塁打 5打点 1盗塁 打率.350
※ヒット数ならDeNA・桑原、中日・大島が上だが、勝負強さで選定

[左翼手]筒香嘉智(DeNA)
期間内/21打数 9安打 3本塁打 8打点 0盗塁 打率.429
※13日には2打席連続本塁打の4打点。再び調子を上げてきた

写真=前島進

関連情報

関連キーワード検索

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング