週刊ベースボールONLINE

プロ野球デキゴトロジー/9月12日

“虎の新人”秋山拓巳が無四球完封勝利【2010年9月12日】

 

勝利の後、ナインから祝福される秋山(中央)。右は捕手の城島健司


 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわって「その日に何があったのか」紹介していく。今回は9月12日だ。

 長い低迷を経て、今季先発ローテに定着。現在、12勝5敗とチームの勝ち頭になっているのが、プロ8年目の26歳、阪神秋山拓巳である。

 2010年9月12日は、ルーキーだった秋山にとっての記念日でもある。

 愛媛・西条高時代はバッティングもよく、通算48本塁打で「伊予ゴジラ」の異名も取った。阪神へはドラフト4位で入団。8月になって一軍初昇格をした秋山は、21日の巨人戦(東京ドーム)で初登板初先発のチャンスをもらうも黒星。ベンチで大粒の涙を流した。

 ただ、その後、28日のヤクルト戦(神宮)でプロ初勝利、9月5日の広島戦(マツダ広島)で2勝目と、いずれもビジターで勝利し、この日は初めての甲子園のマウンドだった。

 相手はヤクルト。秋山は打たせて取るピッチングで9回を被安打4、奪三振3の無四球完封。阪神の高卒新人の1年目の勝利、完封とも1986年遠山昭治以来24年ぶり4人目の快挙だった。同年秋山は4勝を挙げ、翌年以降の飛躍を期待されたが、故障もあって長い低迷期を過ごすことになってしまった。

 なお、このときの秋山の背番号は「27」。今年は心機一転、背番号を「46」に変えて挑んだシーズンでもあった。

写真=前島進

関連情報

関連キーワード検索

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー