週刊ベースボールONLINE

大学野球リポート

【大学野球】シュアな打撃で紫紺軍団・メイジを引っ張る新三番

 

今秋から明大の三番に座る3年生・渡辺がチームを引っ張っている


“新三番”が明大打線をけん引している。

 次期リーダー候補・渡辺佳明(3年・横浜高)は横浜高を春夏通じて甲子園で5度の優勝へ導いた、渡辺元智前監督(2015年夏限りで勇退)の孫である。

 横浜高では2年夏、3年春の甲子園に一塁手として出場し、日本ハム淺間大基高濱祐仁と同級生。明大では1年春から三塁手として出場機会に恵まれ、春秋連覇に貢献した2年秋にはベストナインを受賞している。

 しかし、リーグ3連覇がかかった今春、チームは5位に低迷すると、渡辺も打率.226と壁に当たった。

 復調のきっかけをつかんだのは、国際試合だった。今夏は侍ジャパン大学代表に初選出され、日米大学選手権(アメリカ)とユニバーシアード(大会連覇、台湾)に出場。そこで今秋のドラフト候補で、同じ左打者の東北福祉大・楠本泰史(4年・花咲徳栄高)から「左手の押し込みと、最短距離でのバットの出し方」の打撃技術を教わった。

 2年時までは主に九番で、3年春は一、七番を打っていたが、今秋からは三番に固定。クリーンアップでも「あまり打順は意識しません。変わらず、崩さず、自分の間(ま)で打っている」と平常心で打席に立っている。

 明大は開幕3カードを終えて、6勝1敗、勝ち点3で首位。渡辺は30打数10安打と好調をキープしている。3年生におけるリーグ戦通算安打では立大・飯迫恵士(神戸国際大付高)の55安打に次いで、2位の52安打を放っている。

「1年生から出ている外野手の逢澤(峻介、関西高、51安打)と刺激し合っています。自分は内野手。3年生は2人で引っ張っていこうと言っています」。

 明大・善波達也監督は入学時から渡辺の人間性を評価しており、来年の主将候補である。

「(キャプテンと)言われればもちろん、しっかり務め上げたいですが、その立場でなくてもやることは一緒です。まずはこの秋、けん引してくれる4年生と一緒に、リーグ優勝を奪回したいです」

 目標は入学時からブレずに定める「100安打」だ。4年間8シーズンの大学野球において投手は30勝、野手は3ケタ安打が一流の証、と言われる。クリーンアップの一角を占める新三番・渡辺がシュアな打撃で紫紺軍団・メイジを引っ張っていく。

文=岡本朋祐 写真=中島奈津子

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー