週刊ベースボールONLINE

プロ野球回顧録

【CSプレーバック】野村楽天が連勝でソフトバンクを下して第2ステージへ【09年】

 

10月14日からクライマックスシリーズが始まる。同シリーズは2007年からスタートし、今年で11年目。数々の激闘を生んできたが、ここでは楽天が初めて出場した2009年の第1ステージを振り返る。

ズバズバ的中した“最後のさい配”


2009年、見事にクライマックスシリーズ第1ステージを勝ち抜いた楽天


◎第1戦=10月16日@Kスタ宮城
H 000 400 000=4
E 304 003 10X=11

◎第2戦=10月17日@Kスタ宮城
H 000 000 010=1
E 000 130 00X=4

 2009年限りでの退任が決定した楽天・野村克也監督。その“最後のさい配”がズバズバと的中した。

 第1戦は両エースの投手戦も予想されたが、一番に起用された楽天・高須洋介ソフトバンク杉内俊哉の2球目、146キロ真っすぐをとらえ、レフトへいきなり先頭打者本塁打。

「出合い頭の一発。チームに勢いを与えることができて良かった」(高須)

 五番に打順を上げたセギノールにも2ランが飛び出して初回3点を先制。さらに3回には1点を追加したあと一死一、二塁(二走・鉄平、一走・山崎武司)から無警戒のホークスバッテリーの虚を突いて重盗で揺さぶる。首脳陣批判で外されたリンデンに代わって「六番・レフト」に抜擢された中島俊哉は、左キラーの本領を発揮して2点本塁打。打線が面白いようにつながって、計7点を奪い杉内をKOした。

 ソフトバンクは4回表にオーティズの適時打と失策絡みで4点を返したものの、中継ぎ陣が後半持ちこたえられず結局、ワンサイドの展開になった。楽天は故障から復帰したキャッチャー・藤井彰人も2カ月半ぶりの“一軍試合”ながら、好リードで岩隈久志の完投勝利を支えた。

 勢いに乗った楽天は、第2戦でも先発・田中将大が9回7安打、1失点の力投。2枚看板の連続完投で一気に勝負を決めた。

 この試合でも七番でスタメン出場した中村真人が3回に先制タイムリーを放ち、野村監督の起用にこたえた。トドメは5回裏、2試合連続となる四番・山崎武の3ラン。野村野球を吸収して“再生”した不惑の主砲は、指揮官と1試合でも多く戦うべく、恩返しに燃えた。

 第2ステージ進出を決めた野村監督は試合後、超満員のスタンドのファンに「何としても日本一、頂点に立って、皆さんに恩返しをしたい」とあいさつ。自身の退任問題やリンデンの登録抹消などのゴタゴタ劇は、せっかくのCS初進出に水を差したが、監督も選手も気持ちを切り替えて目の前の戦いに臨み、本気で頂点を目指す覚悟を示した。

写真=BBM

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー