週刊ベースボールONLINE

トレード物語

【トレード物語04】西武・秋山幸二が3対3のトレードでダイエーへ【93年】

 

近年は少なくなってきたが、プロ野球の長い歴史の中でアッと驚くようなトレードが何度も行われてきた。選手の野球人生を劇的に変えたトレード。週刊ベースボールONLINEで過去の衝撃のトレードを振り返っていく。

交換劇を予期していなかった秋山


西武からダイエーにトレードされた内山、秋山、渡辺智(左から)


[1993年オフ]
西武・秋山幸二渡辺智男内山智之⇔ダイエー・佐々木誠村田勝喜橋本武広

 1993年11月16日、球界に衝撃が駆け抜けた。プロ野球史上、かつてないほどの大型トレードが成立したのだ。西武の「顔」である秋山幸二が、ついに放出された。

 西武とダイエーの間で成立、発表されたのは次の選手。西武からは秋山、渡辺智男、内山智之、ダイエーからは佐々木誠、村田勝喜、橋本武広。3対3の交換トレード。それもすべて両チームの主力ばかりという顔ぶれだ。86年オフにロッテ落合博満中日牛島和彦ら4選手とのトレード以来、久しぶりに世間が、この電撃的なトレードで揺れた。

 この日の午後6時、埼玉・所沢市内の西武球団事務所にスーツ姿で現れた秋山の表情は、さすがにこわばっていた。まったく突然のトレード。無数のカメラのフラッシュを浴びての会見では一瞬の沈黙の後、ひとつため息をついて話し始めた。

「トレードの話なんて、まったく頭になかったよ。清水代表から最初に聞いたとき、何の話か分からなかった。でもプロなんだから、何も言うことはできないよ。王さん、長嶋さんみたいに一つの球団で最後までやれたらと思っていたけど……」

 秋山の下に清水代表から電話が入ったのは、前日の深夜。「きょう(16日)のお昼の12時に話がある」。それだけだった。秋山にはトレードの話なんて頭にない。予定していたゴルフをキャンセルして、待ち合わせた都内のホテルの一室に向かった。わずか15分の極秘会議。その席上で、ダイエーへのトレードを宣告されたのだ。

「プロだから割り切るしかない。でも、高校を出てすぐに西武に入って、ここで13年間育ってきたのだから寂しい気持ちはするよ」

 秋山が動揺を隠せない一方で、球団の華を放出することを決断した清水代表は、このトレードをこう説明した。

「パ・リーグを活性化させるためのトレードだと認識している。ファンの反応を考えたが、それを乗り越えるしかない。戦力的にはお互い五分五分だと思います」

 今季最下位に甘んじ、来季へ巻き返しをはかるために九州出身でスター選手が欲しいダイエーと、秋山を目玉に大型トレードを敢行したい西武との思惑がピタリと一致しての交換劇だった。

 その前の週末にダイエー・根本陸夫監督が電話で清水代表に打診。13日に高知秋季キャンプから帰京した森祇晶監督と清水代表が戦力分析をした結果、15日に両球団で合意に達したものだ。

 清水代表がこう断言する。

「秋山と佐々木の1対1だったら成立しなかっただろう」

 ダイエー側があくまで秋山獲得のために主砲の佐々木に加え、若きエース・村田の放出まで英断したことが、今回の交換交渉がまとまる大きな要因となった。

シリーズ敗戦で改革の舞台が整う


ダイエーから西武の一員となった佐々木


 しかし、西武サイドとしても秋山は清原和博とともに球団のスター選手、巨人のONが引退した後、球界をこの秋山、清原のA・Kコンビが導いてきたといって過言ではない。その黄金コンビを解消してまで、大トレードに踏み切った裏にはこんな経緯がある。

 今オフから球界に導入されたFA制度が、引き金となった。日本シリーズ終了と同時に中日・落合、阪神松永浩美ら大物選手が次々とFA宣言をして球界を揺らしているが、西武も例外ではなかった。伊東勤をはじめ、工藤公康らがFA宣言を示唆。球団側は必死の引き留め工作に走り、大幅な年俸アップの確約をするなど、多大な出資を強いられた。

 そしていよいよ来年オフには、秋山がFA資格を得る。現年俸は球界2位の1億7000万円の秋山を引き留めるには3億円近い金がかかる上に、仮にFA宣言して他球団に移籍されたら球団にその保証金は入るものの、戦力的には大幅なダウンを余儀なくされる。それならFA資格を得る前に、秋山を目玉に若手の有力選手をトレードで獲得したほうが、球団にとっては利益が上がるという考えが球団の意向の大多数を占めていた。

 また秋山自身、今季9年連続30本塁打を記録したものの、打率.247。しかも得点圏打率.198とチャンスでの弱さが再三再四、首脳陣から指摘されてきた。さらに31歳という年齢的な衰えが盗塁数(9個)にも表れ、シーズン中には起用法などをめぐり、首脳陣との確執が表面化したこともあった。

 昨年も西武―ダイエー間で秋山―佐々木の1対1のトレード交渉が進行。西武・堤義明オーナーもOKを出すなど決定寸前まで話が進んだが、決裂。また今季も西武は広島前田智徳、巨人・桑田真澄らをターゲットに秋山との交換を目論んできた。

 ヤクルトとの日本シリーズに敗れ、「チームの大改造。攻撃的なチーム作り」を大々的に宣言した森監督の思惑がピタリと合い、この大型トレードが実現したのである。

「秋山とはコーチ時代からの長い付き合いで寂しいが、ビジネスだから仕方がない。根本監督も知っている上、故郷に近い球団だし、秋山が一番活躍できるところでは」と森監督はこのトレードの感想を話した。

 FA制導入以来、激しく動き始めた日本球界。その荒波の中で、日本一奪回を目指す西武が先頭を切って、球界改革へ乗り出した。秋山を放出し、佐々木、村田を獲得。沈滞ムードが続いていた自チームと、そしてパ・リーグにカンフル剤を打ち込んだのだ。

写真=BBM

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー