週刊ベースボールONLINE

編集部員コラム「Every Day BASEBALL」

楽天・則本昂大 己の弱さを知り、チームの強さを知った

 

ポストシーズンでは思うような投球ができなかった則本


 10月22日、クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第5戦の試合終了と同時に、楽天の2017シーズンの戦いが終わった。8月まで首位を走り続けた楽天。追われる立場として長いシーズンを戦うのは初めてだ。その難しさと勝負どころでの未熟さを痛感した。やはり毎年のように優勝争いを繰り広げているソフトバンクは一枚も二枚も上手だった。だが16年の5位からのジャンプアップ、そして3位ながらファイナルステージへと駒を進めたことで手応えも感じたはずだ。

 一方、エース・則本昂大も、今季自己最多タイの15勝を挙げ、貯金も8とチームをけん引するが、弱さを露呈してしまう。それがCSだった。ファーストステージ第1戦の西武戦(メットライフ)では4回7失点と今季ワーストのピッチング。エースとしてマウンドに上がることの重圧は想像以上だった。そして初戦の重要性を分かっているからこそ、結果もそうだが、負け方にも責任を感じた。

「これが(今季)最後の登板になったんとちゃうかな」

 試合直後にはそんな絶望感が押し寄せた。だが、楽天はその後2連勝でファーストステージを突破する。そのとき則本は先発した岸孝之美馬学、そしてフル回転した中継ぎ陣に感謝したと同時に、チームの強さも感じていた。

シュリッターは今年ほとんど打てていなかったと思うんですよね。でも第3戦はそのシュリッターからダメ押し点を取れて(ファーストステージを突破した)。ウチのチームは本当に強いなというか、良いチームだなとそこであらためて感じました」

 田中将大(現ヤンキース)がメジャー挑戦してから、エースとしての重圧をひとりで背負ってきた。そんな則本が救われたと感じたポストシーズン。岸、細川亨ら経験豊富な選手が加入し、優勝を知るメンバーは中堅に。そして茂木栄五郎田中和基ら若手も台頭してきた。チームは確かに進化している。その中で則本は弱さを知り、チームの強さを知った。今季感じた悔しさと喜び。その経験は自信へと変わり、来季の飛躍へとつながっていくだろう。

文=阿部ちはる 写真=高塩隆

関連情報

関連キーワード検索

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー