週刊ベースボールONLINE

2017トライアウト

【トライアウト】前日本ハム・宇佐美塁大「思い出の詰まった球場でチャンスをつかむ!」

 

 11月15日、マツダ広島で12球団合同トライアウトが開催される。野球人生を懸けた勝負を繰り広げる戦力外選手たち。参加予定者の球歴を紹介する。

トライアウトでも自慢のパンチ力とスピードで勝負していく


■プロフィル
名前:宇佐美塁大(うさみ・るいた)
ポジション:外野手
生年月日:1994年10月24日(23歳)
身長・体重:177センチ80キロ
投打:右投右打
経歴:広島工高−日本ハム13(ドラフト4位)=5年
2017成績:65試合 38安打 10本塁打 26打点 3盗塁 打率.238(イースタン)

 広島工高時代は通算45本塁打を放つスラッガーとして名を馳せ、同期にはメジャー挑戦を表明した大谷翔平がいる。日本ハム入団時は内野手だったが、打力を生かすために3年目の途中からは外野に転向。2016年シーズンからイースタン・リーグで2年連続2ケタ本塁打をマークするなど、飛躍を期待されていた。

 それでも有望な若手がひしめくチームの中で5年間一度も一軍に上がることなく、今年の10月6日に無情の戦力外通告を受けた。一時は引退も考えたが、ともにファームで懸命に頑張ってきてレギュラーをつかんだ松本剛らの活躍に刺激を受け、野球への情熱が再燃。トライアウト挑戦を決意した。

 二軍施設の鎌ケ谷で精力的にトレーニングを積み、一発勝負の野球人生を懸けた戦いに向けて闘志を燃やしている。トライアウトの舞台は奇しくも高校時代に何度もプレーした思い出のマツダ広島。「自分には最高の舞台。長打力もそうですけど、足を使った積極的な走塁でもアピールしていきたい」と意気込んでいる。

写真=BBM

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー