週刊ベースボールONLINE

背番号物語

【背番号物語】「#16」“打撃の神様”川上哲治をルーツとする投打のナンバー

 

背番号は選手たちの「もうひとつの顔」だ。ある選手が引退しても、またある選手がその「顔」を受け継ぐ。その歴史を週刊ベースボールONLINEで紐解いていこう。

好投手も少なくない



“打撃の神様”こと巨人の川上哲治が永久欠番となっている「16」。10番台のナンバーとしては好打者もいるが、多数派は投手だ。川上も最初は投手だった。勝利投手になりながら通算2000安打を達成した初の選手だ。

 特に西武は好投手の系譜。西鉄2年目の1951年からノーヒットノーランも達成した大津守が着け、西武黄金時代には松沼雅之から“サンフレッチェ”の一矢となった潮崎哲也、21世紀には2度の最多勝に輝いた涌井秀章ヤクルトでの若手時代も「16」だった石井一久を経て、「17」だった菊池雄星が2014年から「16」となってエースに成長した。涌井は「18」時代を経て、移籍したロッテで「16」に戻っている。

 一方、オリックスの系譜では、阪急黄金時代の足立光宏からクローザーの平野佳寿へ。涌井と平野は17年オフ、ともにメジャーを目指す「16」だ。

【12球団主な歴代背番号「16」】
巨人 川上哲治、水野忠彦、川上哲治★

阪神 櫟信平三宅秀史(伸和)、上田二朗(次郎)、岡田彰布安藤優也

中日 大島信雄伊藤久敏土屋正勝森野将彦又吉克樹

オリックス 山下好一原田孝一、足立光宏、ニール、平野佳寿

ソフトバンク 上田良夫、森下正弘(正夫、整鎮)、江本孟紀篠原貴行東浜巨

日本ハム 一言多十、布施(金山)勝巳、木田勇金村秀雄(暁、曉)、有原航平

ロッテ 上野重雄鈴木隆遠山昭治久保康友、涌井秀章

DeNA 高野裕良、鈴木隆、欠端光則川村丈夫加賀繁

西武 大津守、松沼雅之、潮崎哲也、涌井秀章、菊池雄星☆

広島 備前喜夫安仁屋宗八長冨浩志山内泰幸今村猛

ヤクルト 井上佳明西岡清吉渡辺孝博、石井一久、原樹理

楽天 山村宏樹森雄大
(☆は現役、★は永久欠番)

シーズン三振の最多と最少も



 ほかにも好投手では、広島の安仁屋宗八や日本ハム1年目に先発投手タイトルを総ナメにした木田勇、近年はソフトバンクに篠原貴行や17年パ・リーグ最多勝の東浜巨がいる。

 ただ、川上が投手ではなく打者として球史に名を刻んだように、やはり「16」で際立っているのは打者だろう。川上のいた巨人のライバルである阪神には、長くプロ野球記録だった700試合連続フルイニング出場の三宅秀史(伸和)がいた。

 三宅にあこがれて「16」を継承したのが岡田彰布だ。その岡田が五番打者として21年ぶりのリーグ優勝に貢献した85年に大洋で“スーパーカートリオ”の一番打者として活躍した高木豊も、プロ1年目と日本ハムでの現役最終年が「16」だった。同じく韋駄天タイプでは、南海黄金時代の森下正弘(正夫、整鎮)も盗塁王の経験者だ。

 オリックス初の日本一に貢献したニールもいるが、助っ人の「16」で忘れられないのが近鉄のブライアントだろう。88年に来日し、中日の二軍でくすぶっていたところ、デービスの逮捕で緊急移籍、6月下旬の移籍ながら、そこから34本塁打。近鉄は伝説の“10.19”に導かれていく。雪辱を期した翌89年には終盤のダブルヘッダーで2試合にまたがる4打数連続本塁打を放って優勝を呼び込んだ。

 ちなみに、シーズン最多三振のプロ野球記録は、93年にブライアントが喫した204三振。規定打席(打数)到達者での最少記録は、わずか6三振。“神様”川上が「ボールが止まって見えた」51年のことだ。

写真=BBM

関連情報

関連キーワード検索

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング