週刊ベースボールONLINE

背番号物語

【背番号物語】「#20」20世紀の右腕エースたち

 

背番号は選手たちの「もうひとつの顔」だ。ある選手が引退しても、またある選手がその「顔」を受け継ぐ。その歴史を週刊ベースボールONLINEで紐解いていこう。

中日だけではない好投手の系譜



 中日のエースナンバー「20」。杉下茂がイメージを築き、権藤博が鮮烈かつ苛烈なデビューで継承、その後も星野仙一、小松辰雄ら先発にも救援にも投げまくった右腕の系譜だ。

 似た系譜となっているのがロッテ。中日を引退した杉下が1年だけ大毎で現役に復帰して「20」を着けて以降は、木樽正明らエース級の右腕が並ぶようになる。

 他のチームにも、かつては右の好投手が多かった。印象も実績も抜群なのは20世紀最後の200勝投手となった広島北別府学だろう。阪急、太平洋・クラウンと2チームで北別府と同じ19年間「20」を着け続けたのが石井茂雄。低迷する南海には山内新一がいた。“黒い霧”にのみ込まれた西鉄の池永正明も「20」だ。故障のため活躍した期間は短かったものの、高速スライダーを駆使したヤクルト伊藤智仁も印象深い。

【12球団主な歴代背番号「20」】
巨人 成田友三郎大友工(工司)、定岡正二入来祐作、マシソン☆

阪神 西村一孔辻恭彦、伊藤弘利(宏光、文隆)、郭李建夫ロサリオ☆(2018〜)

中日 杉下茂、権藤博、星野仙一、小松辰雄、宣銅烈

オリックス 中田武夫、石井茂雄、白石静生寺原隼人近藤大亮

ソフトバンク 中谷信夫渡辺泰輔、山内新一、藤本修二、寺原隼人☆

日本ハム 北川桂太郎宮崎昭二矢野諭糸数敬作上原健太

ロッテ 杉下茂、木樽正明、仁科時成薮田安彦東條大樹

DeNA 椙本勝島田源太郎相川英明木塚敦志須田幸太

西武 池永正明、石井茂雄、豊田清野上亮磨高木勇人(2018〜)

広島 渡辺信義河村英文(久文)、西本明和、北別府学、永川勝浩

ヤクルト 深沢督中本茂樹、伊藤智仁、鎌田祐哉山本哲哉

楽天 谷中真二長谷部康平、ユーキリス、安楽智大
(☆は現役、★は永久欠番)

斜陽の右腕エース


巨人・ローズ


 ノーヒットノーランを達成した右腕も多い。52年に巨人の大友工(工司)が達成したのを皮切りに、55年には杉下が1四球のみの準完全試合、58年には西鉄の西村貞朗が完全試合、60年には大洋の島田源太郎が最年少20歳351日で完全試合を達成している。

 また、ロッテの仁科時成は1安打完封が3度、うち2度は9回二死から初安打を浴びたもの。巨人の定岡正二は先頭打者の1安打のみで、その後は27人で抑える快投を演じた。

 その巨人は「20」の系譜では異色で、定岡からサンチェガリクソンといった助っ人右腕がリレー。現在はセットアッパーのマシソンが受け継いでいる。この「20」を2年だけ着けたのが近鉄“いてまえ打線”での活躍も印象に残る長距離砲のローズだ。来日1年目の近鉄から巨人を退団するまでの10年間「20」を背負い続け、両リーグで本塁打王に輝いた。系譜をさかのぼると、草創期にチーム初の満塁本塁打を放ったリベラがいる。プロ野球史上唯一のフィリピン人選手だ。

 ただ、やはり野手は少数派で、投手でも阪急の白石静生ら左腕は少ない。圧倒的多数の右腕では、20世紀の最終盤に中日で宣銅烈が「20」を受け継いでからは、ロッテの薮田安彦や西武、巨人の2チームで「20」を着けた豊田清ら救援投手が多くなる。右の好投手には違いないが、中日に限らず、“右腕エース”というインパクトは薄れた印象だ。21世紀に入り、20世紀の「20」を超える右腕は現れるだろうか。

写真=BBM

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング