週刊ベースボールONLINE

背番号物語

【背番号物語】「#44」助っ人三冠王のトレードマーク

 

背番号は選手たちの「もうひとつの顔」だ。ある選手が引退しても、またある選手がその「顔」を受け継ぐ。その歴史を週刊ベースボールONLINEで紐解いていこう。

80年代中盤の大爆発


阪神・バース


 忌み数が並んで縁起が悪い印象の「44」だが、普及は「42」よりも早い。ただ、「44」の選手は短命に終わることが多く、しだいに外国人選手へ割り振られるようになる。

 エポックは1980年代だ。84年に阪急のブーマーが三冠王に輝いて最後の優勝に貢献、翌85年には阪神のバースが三冠王となって2リーグ制では初となる日本一の原動力に。バースは続く86年にも三冠王となり、3年連続で助っ人三冠王の背中に「44」が輝いた。

 バースの後継者は1年だけで帰国してメジャーでブレークしたフィルダー。さかのぼると“赤鬼”ブリーデンがいる。21世紀にはT.ウッズが横浜と中日で「44」を着けて3度の本塁打王に。日本ハムも古くから外国人打者が多いが、大砲というよりはクルーズブリューワらの中距離打者タイプだ。

【12球団主な歴代背番号「44」】
巨人 関本四十四山本功児緒方耕一大道典嘉カミネロ

阪神 辻恭彦、ブリーデン、バース、フィルダー、梅野隆太郎

中日 山部精治、金山仙吉(卓嗣)、神山一義、T.ウッズ、モヤ☆(2018〜)

オリックス 高井保弘、ブーマー、高橋智鈴木郁洋園部聡

ソフトバンク 定岡智秋門田博光岸川勝也柳田悠岐バンデンハーク

日本ハム ラドラ、クルーズ、ブリューワ、上田佳範森山恵佑

ロッテ 池田啓一、山本功児、島田茂吉鶴憲治井上晴哉

DeNA 幸田優及川宣士加藤博一ブラッグス佐野恵太

西武 荻野一雄大田卓司黒原祐二清水雅治高山久

広島 金田留広片岡光宏、福地和広(寿樹)、迎祐一郎松山竜平

ヤクルト 中村国昭ハウエル青柳進松井光介岩橋慶侍

楽天 デイモン中谷仁、テレーロ、斎藤隆足立祐一
(☆は現役)

対照的な俊足選手も


大洋・加藤博一


 80年代にブーマーやバースの向こうを張った日本人選手の「44」が山本功児。巨人では代打が多かったが、ベテランとなって移籍したロッテでは主軸に。巨人で山本の系譜をさかのぼると、異色なのが投手の関本四十四で、名前にあやかって着けたもの。ただ、すぐに太平洋へ移籍となって期間は1年だけに終わった。投手は少数派だが、近年ではメジャーでも活躍した楽天の斎藤隆も印象深い。

 現役ではソフトバンクで来日から本拠地14連勝を挙げたバンデンハークも投手だが、もともとは強打者の系譜で、「44」を本塁打数の目標とした門田博光から“門田2世”岸川勝也を経て柳田悠岐の出世番号に。50年に岡本伊三美が着けていた記録もある。

 強打の助っ人と対極にいるような韋駄天の系譜もある。元祖と言えるのが大洋の加藤博一だろう。ただ、それまでの「22」を新人に与えるための変更だったことで最初は激怒。それでも「よいよい」と読み換える天性のポジティブさを発揮、盗塁数の目標に設定すると、変更から2年目の85年、“スーパーカートリオ”の二番打者となって“連結車”として機能、目標を超える自己最多の48盗塁をマークする。3チーム、7つの背番号を渡り歩いた加藤のラストを飾ったのが「44」だった。

 その系譜を受け継いだのが同じスイッチヒッターで2度の盗塁王に輝いた巨人の緒方耕一。縁起の悪い番号に家族も困惑したというが、「2」への変更も断り、一貫して「44」を背負い続けて現役を引退している。

写真=BBM

関連情報

関連キーワード検索

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング