週刊ベースボールONLINE

プロ野球デキゴトロジー/2月13日

ヤクルト・高津臣吾が古巣のテストに合格し復帰【2006年2月13日】

 

往年の力はなかったが、この年、チーム最多の13セーブを挙げた


 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわって「その日に何があったのか」紹介していく。今回は2月13日だ。

 2003年オフにFAで海を渡ったツバメ史上最強のクローザー、高津臣吾。メジャーでの2年間で99試合に登板したが、05年オフ、メッツをFAに。その後、米球界ではなく、古田敦也が兼任監督となった古巣ヤクルトへの復帰を希望し、浦添の春季キャンプにテスト生として参加した。

 同年2月13日は、高津の最終テストの日だった。

 ブルペンでは古田監督自らが打席に入り、高津は52球を投げ込む。古田監督はそのまま緊急の編成会議を開き、復帰を正式決定。翌14日に年俸3000万円プラス出来高(推定)、背番号11で契約した。

「古田監督を神宮で胴上げできるよう頑張りたい」と抱負を語る高津。古田監督は「スピード、キレ、すべてが合格。監督として大いに期待しています」と笑顔で語っていた。

写真=BBM

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング