週刊ベースボールONLINE

伊原春樹のキャンプチェック

【ソフトバンク】将来的には本塁打王も狙える上林誠知/伊原春樹

 

活気あふれるキャンプ



 さすが日本一のチームだ。ソフトバンクのキャンプは活気にあふれていた。内川聖一松田宣浩らベテラン陣が率先して引っ張るから、若手も負けじと自然と声が出るようになる。好循環がチームを支配していると言えよう。

 思えば黄金時代の西武が同様だった。石毛宏典辻発彦といった中心選手が声を出す。チームプレーの練習で、先輩がミスをしても容赦しない。「何やってんだ!」と選手間で叱咤し合う。練習から緊張感にあふれていたことが強さの要因だった。

 ソフトバンクは将来性がある選手も多い。キャンプ前のミーティングで工藤公康監督はレギュラーが確定している6人の野手の名前を口にしたという。内川、松田、柳田悠岐デスパイネ中村晃今宮健太。例えば外野は残り1枠となるが、そこの争いに名を連ねている上林誠知は今年、さらに飛躍しそうな予感が漂う。

 昨年は後半、相手にも研究され、成績も急降下してしまったが、134試合に出場して打率.260、13本塁打、51打点をマーク。とにかく体自体にパワーがあるのが魅力。ホームランキングも狙える器だと思っている。足も速さも大きな武器になるだろう。

 今宮ももっと打撃でいい結果を残しそうだ。なかなか打撃がブレークしなかったが、試合に出続けることで総合的に力がついてきた格好だ。経験が確かな力となっている。

 投手は万全。油断させしなければ、今年もソフトバンクが優勝候補筆頭なのは間違いない。

写真=湯浅芳昭

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング