週刊ベースボールONLINE

伊原春樹のキャンプチェック

【オリックス】抜群の制球力で新人王候補になる田嶋大樹/伊原春樹

 

経験豊富な左腕



 福良淳一監督がうれしそうな顔をして話しかけてきた。

「いい投手ですから、ぜひ見てくださいよ」

 オリックスのキャンプ地、宮崎県宮崎市にある清武総合運動公園のブルペン。ズラッと並んだ投手の中でもドラフト1位ルーキー左腕・田嶋大樹のボールは群を抜いていた。

 何よりもコントロールが素晴らしい。ボールを受けるキャッチャーのミットが構えたところからほとんど動かない。ストレートのキレも良く、右打者の内角、いわゆるクロスファイヤーも威力がありそうだ。

 これにチェンジアップもあるという。昨年、日本シリーズでDeNA濱口遥大ソフトバンク打線を相手に好投したことも記憶に新しいが、それも力強いストレートに、右打者の外へ逃げるチェンジアップがあったから。田嶋はさらにスライダー、カットボール、フォークを投げるなど、球種は多彩なのは心強い。

 田嶋は佐野日大高3年時、エースとしてセンバツ甲子園でベスト4までチームを導き、注目を浴びた。しかし、高卒後、すぐにプロへ進まずにJR東日本に進んだ。己を冷静に分析して、社会人で経験を積む道を選んだのだろう。

 昨年、オリックスへドラフト1位で入団した山岡泰輔も同様だ。瀬戸内高時代からプロの熱視線を浴びていたが、東京ガスへ。そして、昨年プロに入っていきなり8勝をマーク。個人的には超特A以外はこのような選択をしたほうがベターだと思う。

 社会人の経緯も田嶋にとって大きなプラスとなるだろう。マウンドで実力を発揮できれば多くの勝ち星を積み重ね、新人王候補となりそうだ。

写真=BBM

関連情報

関連キーワード検索

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング