週刊ベースボールONLINE

プロ野球デキゴトロジー/3月8日

ベールを脱いだ左腕、君の名は?【2004年3月8日】

 

明るい性格でチームに溶け込んだ


 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわって「その日に何があったのか紹介していく。今回は3月8日だ。

 先日は外れ助っ人の話を書いたが、きょうはそれなりに活躍してくれた助っ人。広島の左腕ジョン・ベイルの初登板の話だ。

 2004年3月8日のオープン戦の相手は巨人。オープン戦初登板、初先発だった広島の新外国人投手ベイルは、初回に3点を失ったものの、2、3回は2イニングで5三振を奪う圧巻のピッチング。存在感十分のデビューとなった。

「2回以降は低めにボールを集めることができた。巨人打線はよく打ちそうに感じたが、まだまだオープン戦だからね」

 と謙虚なコメント。山本浩二監督も「投球リズムがいい。もちろんシーズンでも先発を任せるよ」と絶賛していた。ベイルは同年先発で11勝、翌年は抑えで24セーブ。06年限りで退団し、米球界復帰を果たしたが、10年に1年だけ広島でプレーしている。

 当時、週べの週報では、ベイルのデビュー記事に、こんな一文があった。

「ベイルがついにベールを脱いだ」

 お粗末でした。

写真=湯浅芳昭

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング