週刊ベースボールONLINE

編集部員コラム「Every Day BASEBALL」

中日・松坂大輔に漂うポジティブな雰囲気

 

開幕に照準を合わせる松坂



「若手じゃないんだから!」

 チームメートからの突っ込みに、ウエート・ルームからドッと笑いが起きる。トビラ近くに立った松坂大輔は苦笑しながら、部屋の中に入っていった。

 中日の春季キャンプ中のワンシーンだ。入団テストに合格し、ソフトバンクから加入した松坂。注目度は12球団の中でもトップクラスで、練習をしながら殺到する取材に対応する日々は多忙を極めていた。

 記者がインタビューさせてもらったこの日も複数のメディアからの依頼に対応し、さらに球団の写真撮影なども終えると、時刻は午後4時過ぎに。ほかの選手がすでにグラウンドや陸上競技場での練習を終え、ウエート・トレーニングを行う中、ベテランの松坂もようやく合流。ベテランらしからぬスケジュールにかけられたのが冒頭の言葉だ。

 キャンプが始まってすぐ、“中日の松坂”の違和感はなくなった。プロ野球人生をスタートさせた西武と同じブルーのユニフォームだということもあるだろうが、それ以上に、ほかの選手と談笑しながら過ごす姿が、チームになじんでいたことも大きいだろう。

 2月15日には年下の投手との食事会を開催。年上の岩瀬仁紀山井大介も参加すると支払いをしてもらうことになるから、と配慮し、支払いは一人で負担した。

「(大野)雄大とタジ(田島慎二)がまずは場を乱し、若い子たちが必死についていっていました(苦笑)。いや〜、すごかったですね」

 思い出しながら笑顔で語る表情は明るく、松坂自身もその時間を楽しんでいたことが察せられた。

 3月4日、初めて登板したオープン戦(対楽天、ナゴヤドーム)では2回2失点。初回は三者凡退に抑えたが、2回にアマダーに2ランを許した。目標とする開幕先発ローテーション入りはまだ不透明。それでも、ここ数年とは違う姿を見せてくれそうな、ポジティブな雰囲気があることは間違いない。

「右肩の不安が完全にないわけではありませんが、例えばキャッチボールなどで、右肩に痛みがないように投げる、ということはしていない。そのストレスがないのが、明るく見える一番の要因じゃないでしょうか」

 ペナントレース開幕まであと3週間。ナゴヤドームでチームを、ファンを笑顔にする投球を期待したい。

文=吉見淳司 写真=BBM

関連情報

関連キーワード検索

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング