週刊ベースボールONLINE

プロ野球デキゴトロジー/3月11日

怪物カブレラの日本第1号特大弾【2001年3月11日】

 

すさまじいスイングからホームランを量産した


 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわって「その日に何があったのか紹介していく。今回は3月11日だ。

 巨人斎藤雅樹が「えーっ!」という顔をした。2001年3月11日、西武─巨人のオープン戦(東京ドーム)だった。1回表、斎藤が投げたストレートに西武の新外国人カブレラがバットを出すと、打球はセンターに。最初は大きなセンターフライかと思ったが、巨人のセンター・松井秀喜の頭上あたりでグンとひと伸び、バックスクリーン左に飛び込む130メートルの特大弾となった。

 これが来日初本塁打。「四番? そうなると思うよ」とは試合後の西武・東尾修監督。メキシコ、台湾でもプレーし、ハングリー精神もある。筋肉隆々、腕っぷしの太さからも、見るからに「只者ではない」雰囲気があった。

「だいぶ慣れてきた。タイミングがピタリと合ってきた」とカブレラ。シーズン開幕後もケタ外れの特大弾を打ちまくり、最終的には49本塁打をマークしている。

写真=BBM

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング