週刊ベースボールONLINE

プロ野球デキゴトロジー/3月13日

ハマのおじさん、ハマスタ初登板【2007年3月13日】

 

球のキレもあった。この年は7勝6敗


 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわって「その日に何があったのか紹介していく。今回は3月13日だ。

 2006年オフ、横浜(現DeNA)から巨人にFA権を行使して移籍した門倉健の人的補償となったのは、なんと大ベテランの工藤公康(現ソフトバンク監督)。プライドが傷ついたのでは思うのだが、まったく表には出さず、「ハマのおじさんと呼んで」と明るく振る舞っていた。

 2007年3月13日は、ハマのおじさんの横浜スタジアムデビュー戦だ。日本ハムとのオープン戦で先発マウンドに立った工藤は、初回、先頭の田中賢介にストレートの四球を与え、「むちゃくちゃあせった」というが、森本稀哲の送りバントの後、稲葉篤紀セギノールをいずれも内角速球で三振に斬って取った。「スライダー待ちが見えていたからねえ」と読み勝ちを強調。シンカーも試し投げする余裕を見せ、最終的には5回を3安打1失点と貫録を見せた。

 試合後、最速は141キロと聞くと、「146、147キロくらいまでは伸ばさないとね」と笑顔。43歳のおじさんは元気だった。

写真=小山真司

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング