週刊ベースボールONLINE

HOT TOPIC

2018セ・リーグ順位予想&注目選手【週刊ベースボール編集部員】

 

3月30日、いよいよ2018年のプロ野球が開幕する。ここでは週刊ベースボール編集部員のセ・リーグ順位予想をお届けする。

緒方監督率いる広島の3連覇なるか


C担当の順位予想


1位 阪神
2位 広島
3位 巨人
4位 DeNA
5位 中日
6位 ヤクルト

◎注目選手=高橋昂也(広島)

「救援が強力で、若手が台頭する阪神が勢いで勝っている。広島はフルメンバーがそろえば強力だが、田中広輔菊池涼介丸佳浩ら、2015年からほぼ不動の主力となっているメンバーが今季もフル稼働できるかが未知数。若手左腕の高橋昂也が台頭すれば、野手の負担は軽くなる」

T担当の順位予想


1位 阪神
2位 DeNA
3位 広島
4位 巨人
5位 ヤクルト
6位 中日

◎注目選手=ロサリオ(阪神)

「阪神が優勝するためには先発・藤浪晋太郎と四番・ロサリオの活躍が必要。藤浪が復活できなくても代わりにブレークしそうな投手はいるが、四番の大砲は代えがいない。その点でペナントの行方を握っている打者だ。勢いに乗れば怖いDeNAを2位。今季は投手力が未知数の広島を3位にした。これに巨人が絡んでくると予想している」

DB担当の順位予想


1位 DeNA
2位 広島
3位 巨人
4位 阪神
5位 ヤクルト
6位 中日

◎注目選手=今永昇太(DeNA)

ラミレス監督3年目、筒香のキャプテン就任4年目を迎えるDeNAは戦力的にも十分に優勝が狙える態勢が整った。1998年の優勝以来、最大のチャンスといえる。逆にいえば、今年Vを逃せば来年以降は届かない。3連覇を狙う広島、巨大戦力の巨人が最大のライバル。将来のエース候補、今永昇太が先頭に立ちチームを頂点に押し上げてくれる」

G担当の順位予想


1位 広島
2位 巨人
3位 阪神
4位 ヤクルト
5位 DeNA
6位 中日

◎注目選手=山田哲人(ヤクルト)

「パのソフトバンクのように、総合力で抜きん出たチームはない。中日を除く5球団の争いを予想。広島にしても投手陣が強力というわけではなく、打線で主力を欠けば5位転落もあり得る。一方、ヤクルトは山田哲人の復調があれば打線が怖い。ケガ人さえ出なければ2015年の再現も。DeNAは今永昇太ら先発陣の回復具合が気掛かり。長引けば上位浮上はないか」

Dサブ担当の順位予想


1位 DeNA
2位 広島
3位 中日
4位 阪神
5位 巨人
6位 ヤクルト

◎注目選手=寺島成輝(ヤクルト)

「勢いのあるDeNAを1位に予想。地力のある広島、伸びしろのある中日がAクラス入り。4位予想の阪神は投手陣とロサリオ次第。補強が空回りしそうな巨人は5位。投手陣が壊滅的なヤクルトが6位。ただヤクルト打線は超強力。投手の台頭があれば台風の目となりそう。そこで注目は寺島成輝投手。昨シーズンの中日・小笠原慎之介のような活躍を期待」

S担当の順位予想


1位 広島
2位 巨人
3位 DeNA
4位 阪神
5位 中日
6位 ヤクルト

◎注目選手=青木宣親(ヤクルト)

「投打に厚みのある広島の3連覇は堅い。巨人が岡本和真らニューパワーの台頭で対抗馬となる可能性も。DeNAは若き左腕カルテットがどの程度の働きをできるか。最下位予想のヤクルトは再建の過渡期。青木宣親の活躍が追い風となれば、上位進出もあるか」

写真=BBM

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング