週刊ベースボールONLINE

HOT TOPIC

「大谷翔平の入団が決まったときは本当にうれしかったね」/エンゼルス・トラウト外野手インタビュー

 

「いい補強ができ、プレーオフも十分狙える」


エンゼルス・トラウト


 エンゼルス・大谷翔平のチームメート、マイク・トラウト外野手のインタビューをお届けする。昨季までメジャー7年間でア・リーグMVP2度。毎年高いレベルで安定した実績を残している。

 昨季まで通算925試合に出場して1040安打で打率.306、201本塁打、569打点、165盗塁。2012年に盗塁王、14年には打点王。12、13、14年、16年と4度リーグ最多得点。

 今季の年俸は3408万3000ドルで現役最高。1991年8月7日生まれ。ニュージャージー州バインランド出身。188センチ、106キロ。右投右打。

――昨オフはうれしいことが続いたようですね。高校時代からのガールフレンドと結婚しました。移籍市場の目玉と言われた大谷翔平選手のエンゼルス入団が決まりました。また、贔屓にしているNFLのイーグルスが2月のスーパーボウルで優勝しました。スーパーボウルは会場で観戦したようですね。

トラウト 大谷の入団が決まったときは本当にうれしかったね。イーグルスは優勝のチャンスがあるという評判だったので楽しみにしていた。幸運にもチケットが入手できたので、スーパーボウル(ミネソタ州ミネアポリス開催)を見に行った。いやあ、よかったよ。けどね、昨オフのハイライトはなんと言っても結婚だね。

――トレードでタイガースから内野手のイアン・キンズラーを獲得、レッズから内野手のザック・コザートと契約と、即戦力を補強しました。エンゼルスはここ4年間プレーオフから遠ざかっていますが、今季はどうでしょう。

トラウト アストロズは今季も強そうだ。でも、アストロズだけでなくマリナーズやレンジャーズ、アスレチックスもいいチームだから、とてもタフな地区だと思う。けれど、エンゼルスはいい補強ができたので、十分プレーオフが狙えるんじゃないかな。実際、今年のエンゼルスに対する評価はとても高いと思う。僕ら選手としてはプレーオフを目指して戦っていくだけだ。メジャー・リーガーの目標はただひとつ、ワールド・シリーズ優勝だ。今年のシーズンはとても楽しみだ。

――大谷選手の加入で、大勢の日本の報道陣に囲まれることになります。気になりませんか?

トラウト それは全然ない。多くの人に注目してもらえるのは、うれしいことだと思っているよ。

――今季をどのようなシーズンにしたいと思っているのでしょう。

トラウト いつものシーズンのようにやっていきたいが、今季は守備でも頑張りたいと思っている。あらゆる面で向上していきたい(平均的選手に比べどれくらい失点を防いだかを示すUZRでもDRSでもトラウトは平均以下とされている)。

――今季の年俸は現役最多となります。20年シーズン終了後にFAになりますが、そのときは史上最高額の契約が予想されています。

トラウト それはいい話題だね。でも、いまは先の契約などまったく頭にない。グラウンドで全力を尽くす。ただ、それだけだね。それ以外のことは、しかるべきときに考えればいいんじゃないかな。

取材・構成=樋口浩一 写真=Getty Images

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング