週刊ベースボールONLINE

球界デキゴトロジー/6月23日

広島ひと筋17年、野村謙二郎が2000安打達成(2005年6月23日)

 

ナインとともに記念撮影。野村は中央


 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわってその日に何があったのか紹介していく。今回は6月23日だ。

 2005年6月23日、広島野村謙二郎が本拠地・広島市民球場で2000安打を達成した。1880試合目での記録達成。プロ野球史上33人目、広島生え抜きの選手では衣笠祥雄山本浩二に次ぐ3人目で、東都(駒大)出身選手では初の偉業でもある。

 この日のヤクルト戦では、野村が打席に入ると「2000Hits」と書かれた赤いボードが一斉に掲げられ、スタンドは赤く染まった。野村はその光景に「足が震えた」と言う。

 4回裏、第2打席だった。ヤクルト・川島亮が投じた135キロのカットボールをたたいた打球がレフトのラミレスの前に落ち、記録達成だ。 

 17年目の達成。89年にドラフト1位で広島に入団。99年5月19日の1500安打達成は史上4位のスピード記録だった。このとき2000安打まで、これほど長くかかるとは思わなかったはずだ。

 しかし、相次ぐケガに苦しめられ、ペースが一気にダウン。その中で貫いた信念が「勝利につながる一打を打ちたい」だったという。

 印象に残る一打を聞かれ「1999本目」と答えたのも野村らしい。前日の同カードに3安打を放ったのだが、その3本目だ。

 最後の打席、今日はもう自分には回ってこないだろうとも思ったところで、仲間たちがつないでくれた。打席に入るとき、「たぶん、ありがとう、と言葉にした」と振り返る。

写真=BBM

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング