週刊ベースボールONLINE

編集部員コラム「Every Day BASEBALL」

柳田悠岐の打席での気になる1コマ

 

バットを見つめる柳田は、たしかに会話をしているようにも見える


 7月1日のロッテ戦(ヤフオクドーム)で1対4と敗戦を喫したソフトバンクは、上位を追撃するどころか、オリックス、ロッテに同率3位で並ばれた。精彩を欠く戦いぶりに指揮官も「去年の王者がこんな姿を見せちゃいけない」と危機感をあらわにする。

 不安定な投手陣はもちろんだが内川聖一松田宣浩らチームの主軸の打撃不振が際立つ中、5月24日の西武戦(ヤフオクドーム)から四番に入りチームをバットで鼓舞しているのが柳田悠岐だ。

 今季スタートこそなかなかホームランが出なかったが、3、4月=打率.353、5本塁打、5月=.387、7本。6月は少し落ちたものの、それでも.289、6本とここまで大きな波もなくきている。昨季は「穏やかな心」で打席に入っていると語っていた柳田だが、今季、意識しているのは「集中をしっかりすること」。ネクストバッターズサークル辺りから徐々に集中力を高めていくのだという。

 そんな柳田の打席で時折、気になるシーンを見かける。バットを見つめ、なにか話しかけているようにも見えるその姿。ファンの間では「柳田選手がバットと会話している」と話題になっている。真相はどうなのか。

「いやいや、ないっす(笑)。(話かけているように)見えているだけだと思いますよ」。やはり……。だが、笑顔の柳田はこう続けた。

「話しかけることはないですけど、(そういうふうに見えるのは)そのときの心理状態もあるんじゃないかと思います」

 集中力を高め入った打席では「無意識」という柳田。無心でフルスイングする。だからこそ打球は、時に鋭く野手の間を抜け、時に美しい放物線を描きスタンドに消えていく。柳田がバットと会話しているような瞬間は、良い状態で打席に入れている証拠なのかもしれない。

文=菅原梨恵 写真=湯浅芳昭

関連情報

関連キーワード検索

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング