週刊ベースボールONLINE

編集部員コラム「Every Day BASEBALL」

いよいよ明日開催!フレッシュオールスターで清宮幸太郎のバットは火を噴くか?

 

その才能に疑いの余地はないだけに、いまはしっかりと土台作りに励んでいる清宮


7月9日の日本ハムソフトバンク戦の試合前練習、東京ドームには鎌ケ谷から合流したあの男の姿があった。

 清宮幸太郎。ゴールデンルーキーは真っ黒に日焼けし、精悍さも増していた。栗山英樹監督はかねてから「一軍でも、二軍でもベンチに座っていてはいけない選手」と清宮の育成方針を語ってきたが、今回の昇格は「ちょっと直接話をしたかったし、一度見たかった部分もあっただけ。最初からこの(東京ドームでの)2連戦は考えていた場所」とあくまでも2日間限定の昇格だということを説明した。

 2連戦ともにベンチスタートとなり、代打で9日に試合は空振り三振、翌10日はチャンスで一塁ゴロに終わった。その結果にも指揮官は一喜一憂することなく、淡々と清宮の姿を見守っていた。その背景には綿密に練られた栗山監督と球団の育成プランがある。どれだけイースタン・リーグでホームランを打とうが、次に一軍に呼ぶのは「スタメンで出られるだけの真の力をつけたとき」。その日のために周囲の一軍待望論などどこ吹く風で、次代を担う大器を大きく開花させるために信念を貫き通している。

 日本ハムの根幹でもある「スカウティング」と「育成」。現在一軍で主力を担っている中田翔西川遥輝近藤健介中島卓也清水優心らの高卒入団組もまずは鎌ケ谷で土台作りから行い、その才能を育み、磨いてきた。目の前の結果ではなく、もっと先の未来を見据えて。12球団で唯一育成選手を取らないのも、ファームにいる選手に1試合でも、1打席でも、1イニングでも多くの出場のチャンスを与えるため。その環境から多くの若手選手がスターダムへと駆け上がってきた。

 清宮のプレーを一軍で毎試合見られる日はもう少し先になりそうだが、それでもファームでその成長の過程、発展途上の19歳の原石を見守る楽しみもある。

 明日(7月12日)にはフレッシュオールスター(はるか夢球場)も開催され、清宮もイースタン・リーグ選抜の一員として出場。青森のファンの度肝を抜く豪快なアーチは飛び出すか。スター選手への登竜門とも言える舞台で、現在進行形の清宮の姿をしっかりと目に焼き付けたい。

文=松井進作 写真=高原由佳

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング