週刊ベースボールONLINE

プロ野球回顧録

ジュニア球宴でMVPを獲得した鈴木一朗ことイチローが語っていたこと

 

1992年7月17日、東京ドームで行われたジュニアオールスターで代打決勝アーチを放って、MVPに輝いたのがオリックス鈴木一朗(のちのイチロー)だった。この年、ルーキーだった鈴木。週刊ベースボールで当時、MVP獲得後に直撃したインタビューをお届けする。

「『50万は田口さんに』って言ったんですけど……」


オリックス・イチロー


──8回表に代打のときはピッチャーが有働克也(大洋)。どのような気持ちで打席に?

「とりあえず塁に出ようと考えていました。僕は内野安打が多いので、三遊間に転がしたいと思っていました」

──それがなんとホームラン。打てそうだなと思っていたんですか。

「いいえ。相手は一軍の投手ですから。でも、名前が知られた投手だったんで、有働さんや石井一久ヤクルト)とは、ぜひ勝負したいと思っていたんです」

──オリックス勢では田口壮選手だけ賞をもらえなかった。田口選手とはよく話をするそうですね。

「試合前、どっちがMVPでも100万円は山分けするという約束だったんです。それで『50万は田口さんに』って言ったんですけど……」

──田口選手はなんて。

「『いらんわ』って(笑)」

──翌日の新聞では、すごく大きく写真や記事が載っていましたよね。

「電車の中で、横にいる人がその新聞を読んでいるのを見て、なんか変な感じでした。照れくさいですね(笑)。全国版の新聞に載ったのは初めてでしたし……」

──プロ野球の選手になりたいと思ったのは。

「小学3年くらいかな。中日小松辰雄さんや巨人篠塚和典さんにあこがれてました」

──愛工大名電高時代には130個以上も盗塁を記録したそうですね。

「足が特別速いわけではなくて、ずるいんですよ(笑)」

──どういう意味で。

「口ではうまく言い表せないんですが、投手の“雰囲気”をつかむのが得意なんです。ジュニアオールスターのときも、相手バッテリーが無警戒だなって分かりましたから(9回表に二盗)」

──三盗にもトライしましたが、バッターがファウル。

「本当はあの三盗を決めたかったんです。僕は三盗のほうが得意なんですよ。二盗塁のような際どいセーフにはならずに、スライディングしなくても悠々セーフになる、びっくりするような盗塁が決まるから面白いんです」

──そのとき塁に出たのはクリーンなセンター前でした。

「あんなの珍しいんです。もっとボテボテの汚い内野安打ばかりなのに」

「いつもイメージトレは欠かしません」


──チームの練習メニューとは別に、必ずやっていることは何かありますか。

「イメージトレーニングですね。これはもうふだん歯を磨いているときなんかでもやっています」

──いつも野球のことで頭がいっぱいなんですね。

「ええ、こういう球が来たら、こういうふうに打って……と、いい感じを頭に描くようにしています」

──6月に一軍を経験しましたが、ベテランがずらりと並び落ち着かないんじゃないですか。

「最初にあいさつに行ったときはさすがに緊張しました」

──みんなは声をかけてくれましたか。

「ええ、頑張れって言ってくれます。最初に顔を合わせたのは、なんと松永浩美さんでした」

──なにかアドバイスは。

「口をきいてもらうことなんかないですよ。あれだけの方ですから。なかなか僕なんかからは……」

──後半戦はどんな気持ちで試合に臨みますか。

「塁に出たら走る! という気持ちでいたいですね。数字的な目標はまだありませんが、とにかくチームの勝利に貢献できるよう頑張ります」

──では、最後に将来の夢を力強く。

「首位打者と盗塁王の2つのタイトルを取りたいです!」

写真=BBM

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング