週刊ベースボールONLINE

球界デキゴトロジー/7月31日

ロッテが千葉移転正式表明、名前は千葉ロッテ・オリオンズに?(1991年7月31日)

 

91年春季キャンプ、最後のオリオンズナイン


 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわってその日に何があったのか紹介していく。今回は7月31日だ。

 1991年7月31日、かねてから噂されていたロッテ・オリオンズの千葉移転が正式発表された。

 それまでの本拠地は神奈川の川崎球場。幾多の名勝負を生んだ球場だが、狭さに加え、施設の老朽化で他球団の選手からのクレームも多く、これはチームが低迷していたからでもあるが、集客に苦しんだ。

 ロッテの移転話は前々からあり、川崎市もかつて大洋が横浜に“逃げた”苦い過去があるだけに球場の大幅改修で引き留めにかかり、「テレビじゃ見れない川崎劇場」の自虐CMもあって集客もそれなりに伸ばしたが、時すでに遅しだった。

 7月31日の会見で「プロ野球ファンの底辺拡大に寄与したい。地元に歓迎される新しい球団を作ります」と重光昭夫球団社長代行。移転に合わせ、抜本的な改革を行うことも強調した。

 具体的には名前を「千葉ロッテ・オリオンズ」にし、ユニフォームも一新させ、「ロッテ」の胸のロゴを「オリオンズ」に(欧文)、さらにデザインはジャンポール・ゴルチエに打診中とのことだった。

 金田正一監督退任はほぼ既定路線。新監督には元阪神掛布雅之氏の就任が濃厚とも言われていた。

写真=BBM

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング