週刊ベースボールONLINE

今週の1枚

“新井さんロス”を吹き飛ばした?三振/今週の1枚

 

悔しさをあらわにした新井


「かなり気にしてました。勝ってうれしい」
 試合後に笑顔を見せたのが、新井さんこと、広島新井貴浩だ。

 9月4日、広島は今季最長の7連勝でマジックを12とした翌5日、新井は突然の引退発表。すると、そこからチームはまさかの、これも今季最長の6連敗。

 迎えた12日のDeNA戦(マツダ広島)も1対1と重苦しい展開が続いた。

 勝ち越しのチャンス、6回裏二死二塁に代打で登場したのが、新井だ。マツダ広島は大いに盛り上がった。

 しかし、必死に粘るも10球目に空振り。悔しさから空に向かってほえた。
 今季、10球まで粘ったのは、この打席が初めてだった。

 ただ、この顔、いいと思わないか。
 
 おそらく、なんの計算もなく、感情をあらわにしている。

 こう思っていたのではないか。

 打てなかった!
 絶対打ちたかった!
 ほんとうに悔しい!
 情けない! と。

 41歳、しかも引退を発表してなお、この顔。
 さすが、新井さんだ。

 この“ひとほえ”が後輩たちの「新井さんロス」(?)を吹き飛ばしたのか、7、8回で一挙6点を奪って7対2と快勝。マジックは2つ減って「7」となった。

 あとはもう、みんなと心から笑い合える歓喜のときを待つだけだ。 

関連情報

関連キーワード検索

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング