週刊ベースボールONLINE

社会人野球日本選手権リポート

“泥臭くひたむきに”日本新薬の野球像/JABA公式サポ・豊島わかなの熱視線!

 

11月1日から12日間、京セラドームで行われる第44回社会人野球日本選手権。決勝まで31試合、社会人の単独チーム日本一、2018年の年間王座決定戦が繰り広げられます。週刊ベースボールONLINEでは、社会人野球日本選手権にまつわるさまざまな情報や知られざる秘話を『JABA公式サポーター』が日替わりで発信していきます。本日は豊島わかなさんです。

丁寧な野球の秘密


日本新薬ナイン


 安定したピッチングに的確な守備。大胆な1本ではないものの、確実に得点につながる正確性の高いバッティング。私が今まで見てきた日本新薬硬式野球部の試合は、どれも「丁寧」なプレーが目立つものばかりでした。

 この丁寧さを手に入れるためには、どんな練習をしているのだろう……と気になり、日本選手権前の10月に京都市内にあるグラウンドへお邪魔をし、お話をうかがいました。

「ウチは何もないときは、選手もみんな午前中は出社をしていますよ。試合ができる球場を持っていないので、オープン戦はすべてビジター。他チームよりも移動時間が増えて練習時間が削られてしまうのが難点ではありますが、限られた時間でしっかり練習をしています」と小西マネージャーからは意外な回答。仕事をした後、自社グラウンドで各々自主練を重ね、全体練習は3時間だと話します。

 限られた練習時間で大会に臨むのにもかかわらず、チームは昨年の日本選手権では4強入り。今年の都市対抗にも連続出場を果たすなど、しっかりと結果を残しています。

 この強さの秘訣について主将の仲間貴紀外野手にうかがうと「練習時間が短い分、1球1球を大切にして、質の高い練習をすることがチームに求められていることです。これを全員がしっかり理解していて、勝ちたいという同じ方向を向いて練習に取り組んでいるのが僕たちの強さの秘訣です。この環境でどれだけ集中をしてメニューをこなすかということに専念しています」。

 また、11月7日のパナソニック戦で先発出場をし、7回無失点と好投をしたエース・榎田宏樹投手は「施設や練習時間を理由に勝てないのは嫌なので気にしていないです。僕たち投手陣はやることが限られているので、個々に考えて自主トレも含めて練習を重ねています。時間が短いなと思ったことはないです」と、環境に音を上げている選手はいないと話してくれました。

 今年のスローガン「泥臭く頂点へ」は、ミスの少ない美しいプレースタイルからは想像のつかないスローガンでしたが「泥臭く気合で乗り越える。これが日本新薬らしい野球なんです」と環境を言い訳にせず、目標に向かってただ、ただひたむきに取り組む“新薬らしい”強さの秘訣を教えてもらいました。

 お話をうかがう中で、吹石徳一監督は「守り勝つのが野球」と何度もおっしゃっていました。選手全員が吹石監督の野球観を理解し、同じ思いでいることも、より一層チーム力を高めているのだなと実感しました。

 次戦は11月9日。日本新薬の泥臭くも美しい、丁寧な野球スタイルに期待しましょう!

公式サポーター日本野球連盟YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC26D0n0-QuxyIghG0WqbN0A

PROFILE

左から成田沙耶加さん、豊島わかなさん、田中優美さん/写真=BBM


なりた・さやか●1990年7月30日生まれ。山梨県出身。ニックネームは「さやくま」。野球観戦歴は家族の影響で幼少時から。趣味は料理とスポーツ観戦、特技は健康食作り。

とよしま・わかな●1986年12月14日生まれ。愛知県出身。ニックネームは「豊ちゃん」。野球観戦歴は小学生のころから。趣味はラーメン屋巡り、特技は猫の爪切り。

たなか・ゆみ●1992年5月21日生まれ。神奈川県出身。ニックネームは「ゆーみん」。野球観戦歴は高校1年生のころから。趣味は動物とたわむれる、特技は脚が柔らかいこと。

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング