週刊ベースボールONLINE

編集部員コラム「Every Day BASEBALL」

DeNA・綾部翔 右肩手術から復活を期す長身右腕

 

昨年のデビュー戦で初勝利を挙げた綾部。今は実戦復帰に向けて一歩一歩階段を上っている


 プロ初登板、初勝利から約1年。高卒3年目の綾部翔は、奄美の秋季キャンプには参加せずに、横須賀のベイスターズ球場で体を動かしていた。今季は一軍、二軍ともに登板なし。実戦復帰へのリハビリメニューと向き合う毎日だ。

 颯爽とプロ初白星を手にした。2017年10月3日の中日戦(横浜)で初登板&初先発。緊張の中、初回2三振を含む三者凡退で立ち上がると、5回4安打無失点の好投でプロ初勝利を飾ってみせた。今季は同じ高卒右腕で一つ年上の飯塚悟史らとともに、先発ローテ争いに加わると予想されていた。

 右肩に違和感をおぼえたのは、初勝利の直後だった。「いい投球ができるようになって、腕が振れるようになったと同時に肩がゆるいなと感じて。何かぶつかっているような感じでした」。

 宮崎のフェニックスリーグで1試合に登板するも肩は戻らず、横浜に戻った。年が明けてキャンプを迎えても違和感は消えずに、悩んだ末に今年4月に横浜市内の病院でクリーニング手術を受けることを決めた。「ストレスが溜まりましたね。特に手術を受けるまでは『いつになったら投げられるんだろう……』と。でも決断してからはリハビリに専念していこうと、気持ちを切り替えることができた」。

 手術は無事に終了。ボールを投げられない4カ月間はランニングで下半身を強化し、ウエートで体を鍛えた。「故障の原因は肩以外にもあるので、弱い部分を強化しました」。そして、8月にキャッチボールを再開。現在はブルペンで投球ができるまでに回復している。

 DeNAの先発陣は石田健大今永昇太濱口遥大東克樹らサウスポーがそろう一方で、右腕は少ない。井納翔一平良拳太郎に続く先発として綾部に寄せられる期待は大きい。

「平良さん、飯塚さん、京山(京山将弥)の活躍は刺激になります。来年は何とか追いついて、追い越すくらいの気持ちでやりたいです」

 11月7日には自身のツイッタ―で入籍を発表。「おめでとう」と伝えると「ありがとうございます。恥ずかしいですね……」と照れた。将来の伴侶を得た21歳の長身右腕は覚悟と自覚を胸に、プロ4年目を復活のシーズンにするつもりだ。

文=滝川和臣 写真=BBM

関連情報

関連キーワード検索

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング