週刊ベースボールONLINE

2018シーズン総括

2018オリックス・バファローズ10大トピックス

 

2018年も間もなく終わるが、ここで編集部が独断で選んだ今年のオリックス・バファローズ10大トピックスを見ていこう。

1位「交流戦MVPに吉田正尚」


交流戦MVPの表彰を受ける吉田正尚


 全18試合出場で打率.397、3本塁打、10打点をマークに得点圏打率5割をマーク。四番としてチームをけん引し、自身初タイトルを獲得した。

2位「リプレイ検証で世紀の大誤審」


 6月22日のソフトバンク戦。同点の延長10回、H・中村晃の打球をファウルと判定も、リプレイ検証で本塁打に。試合後、審判団が誤審と認めた。

3位「小谷野栄一&佐藤達也が引退」


 10月5日の本拠地最終戦で小谷野栄一、11月25日のファンフェスタで佐藤達也の引退セレモニーが行われた。

4位「交流戦2位。パではトップ」


 開幕ダッシュ失敗も、交流戦で巻き返した。11勝6敗1分で2位となり、パ・リーグでは勝率トップに。

5位「山本由伸が10代で球宴出場」


 監督選抜で山本由伸が球宴初出場。19歳での選出で、球団の10代での出場は梶本隆夫米田哲也に次ぐ62年ぶり3人目。

6位「山田修義が日本タイ記録」


月間18試合登板の日本タイ記録をマークした山田修義


 山田修義が8月に月間18試合に登板。元西鉄・稲尾和久ロッテ益田直也広島フランスアに並ぶ日本タイ記録。

7位「ドラ1左腕が初先発初勝利」


開幕2戦目でプロ初勝利を挙げた田嶋大樹(右)


 ドラ1左腕・田嶋大樹が開幕2戦目にプロ初先し、5回1安打1失点でプロ初勝利。チームの今季初勝利でもあった。

8位「開幕戦7年連続の黒星」


 ソフトバンクとの開幕戦。西勇輝が初の開幕投手も0対2で敗れ、2012年からの開幕戦の連敗が7に伸びた。

9位「主軸が相次いで退団」


 西勇輝がFA移籍、大幅減俸を提示され中島宏之金子千尋が自由契約を申し出るなど、主力の退団が相次いだ。

10位「開幕から81試合完投ゼロ」


 開幕から81試合完投ゼロの球団記録。82試合目にディクソンが146球の熱投でチーム初完投を完封で飾った。

写真=BBM

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング