週刊ベースボールONLINE

2018シーズン総括

2018広島東洋カープ10大トピックス

 

2018年も間もなく終わるが、ここで編集部が独断で選んだ今年の広島東洋カープ10大トピックスを見ていこう。

1位「球団史上初のリーグ3連覇」


セ・リーグ3連覇を決め、歓喜の輪を作る広島ナイン


 4月24日に首位に立つと、以降はその座を譲らず。独走でペナントレースを制し、球団史上初のリーグ3連覇。

2位「新井貴浩が現役を引退」


日本シリーズで最後のゲームを終え、引き揚げる新井貴浩


 チームの精神的支柱であり、2016年MVPの新井貴浩がついに引退。20年の現役生活にピリオドを打った。

3位「丸佳浩が2年連続MVP」


 丸佳浩が打率.306、39本塁打、97打点、130四球、出塁率.468で2年連続MVPに選ばれた。ただ、シーズン後にはFA宣言し、巨人へ移籍。

4位「大瀬良大地が2冠を獲得」


 大瀬良大地が15勝7敗、勝率.682で最多勝利と勝率第一位の2冠を獲得。防御率は2.62で3位。

5位「フランスアが月間登板最多タイ」


 フランスアが8月に日本最多記録に並ぶ月間18試合に登板。この月の月間防御率は何と0.51だった。

6位「丸と誠也の連弾で逆転サヨナラ」


 8月23日のヤクルト戦(マツダ広島)、9回裏に丸佳浩の3ランで追いつくと、鈴木誠也が連続弾でサヨナラ勝ち。

7位「西日本豪雨で3連戦中止に」


 7月6日以降に西日本を襲った豪雨により、地元・広島に甚大な被害が出たことを受け、9〜11日の阪神戦が中止に。

8位「若手の成長で戦力充実」


 前半に故障者が出るなどしたが、野手では野間峻祥西川龍馬、投手ではアドゥワ誠やフランスアが出てカバー。

9位「ジョンソンが外国人連勝球団新」


8連勝を記録し、球団の外国人投手の同一シーズン連勝記録を更新したジョンソン


 ジョンソンが5月中旬から8月末にかけて8連勝。球団の外国人の同一シーズン連勝記録を更新。

10位「メヒアがウエスタン4冠」


 メヒアがウエスタン・リーグで打率.337、本塁打20、打点59で三冠王。さらに出塁率.397もトップで「4冠」を獲得。

写真=BBM

関連情報

関連キーワード検索

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング