週刊ベースボールONLINE

編集部員コラム「Every Day BASEBALL」

DeNA 球団創設70周年をどうファンに伝えるのか

 

過去にも大洋、横浜時代の復刻ユニフォームをまとってきたが、今年は70周年企画として創設期のスタイルでプレーする


 横浜DeNAベイスターズの前身である大洋ホエールズは1949年11月22日に山口県下関市で誕生した。昨年、70周年を迎えた球団は2019年を「70th ANNIVERSARY PROJECT」と題して、シーズンを通じてあらゆる企画を仕掛ける。

 第一弾として、3月10日のオープン戦(対広島)を球団創設の地である下関市のオーヴィジョンスタジアム下関で開催、当時の選手が着用していた大洋ホエールズ復刻ユニフォームで試合に臨むことが発表されている。

 球団創設から現在までを一括りにするのがこの試みの肝である。78年の横浜移転前からのファンも蔑にすることなく、下関、川崎という地域に対して敬意を払う。今年、同じように「50周年」を掲げるスワローズは、ヤクルトが経営権を握った69年を起点にイベントを展開予定で、両球団のスタンスの違いが面白い。

 これらの“周年イベント”が現在のファンにはどう伝わるのか。DeNAに関していえば、横浜スタジアムを訪れるファンの客層は、ここ数年で明らかに変わった。スタンドを埋めるファンは若く、女性の姿も目立つようになった。98年V戦士の1人、野村弘樹さんは「僕らのころは不甲斐ない投球をすれば、きついヤジもあった。今はそうした雰囲気ではないよね。どちらがいいか悪いかじゃなくてさ。ファンの熱量、質が変わってきたんだと思う」と感想をもらす。

 そうした新しいファンの興味を惹くためにも、復刻ユニフォームをまとってプレーするのはシンプルで分かりやすくていい。昨秋のファンフェスティバルで筒香嘉智山崎康晃東克樹が着てアピールしたことで関心も高まったと思う。

 球団関係者によれば、これ以外にも70周年をテーマにした企画ユニフォームを登場させるという。個人的には、みかんとお茶をイメージした川崎時代のユニフォームをぜひ復刻してほしいのだが……。まずは3月のオープン戦を楽しみに待ちたい。
文=滝川和臣 写真=YDB

関連情報

関連キーワード検索

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング