週刊ベースボールONLINE

HOT TOPIC

【オリックス】福田の遊撃転向で各ポジションの競争激化/注目のレギュラー争い

 

激しい競争がチーム力をアップさせる。キャンプで注目されるレギュラー争い。各球団の、その現状を追う。

オリックス・バファローズ


遊撃手争いを繰り広げる安達(左)、福田


 プロ2年目にして主将に指名された福田周平がキャンプ初日に遊撃に転向。投内連携や、シートノックで昨季までの正遊撃手・安達了一とともにボールを受け、定位置争いを繰り広げている。

 昨季途中から二塁手のレギュラーに定着した福田は、113試合に出場して打率.264。安達了一の.219より率が高く、仮に福田がポジションを奪えば、攻撃面でもプラスに転じる。

 また、福田の転向で空いた二塁では大城滉二山足達也西野真弘らが争う形に。オフに主力が流出したチームは、内野の各ポジションでの競争で、チーム力を上げていく。

写真=佐藤真一

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング