週刊ベースボールONLINE

編集部員コラム「Every Day BASEBALL」

荒木二軍監督の印象に残る“夜の球場でのシャドーピッチング”

 

ユマキャンプで練習する現役時代の荒木二軍監督


 以前、聞いた話だが、荒木大輔二軍監督はヤクルト現役時代、1年目から経験したユマキャンプが印象に残っているという。周囲に繁華街などなく、野球漬けの毎日。野球に集中するしかない環境だが、ユマキャンプ経験者は口をそろえて「あのキャンプは良かった」と口にするという。

 そのユマキャンプでも特に覚えているのは土橋正幸監督時代の練習だ。夜、若手投手が球場に連れて行かれた。

「真っ暗な球場で何をやったかというとシャドーピッチング。本当に遠くのほうに明かりが見えるくらいの状況で、20〜30分くらい一心不乱にやりましたね。精神統一され、すごく集中した記憶があります」

 西武投手コーチ時代、選手に同様の練習をやらせようと思ったが、さすがに寒くて無理でしたと笑っていた。吉田輝星ら有望な若手投手がいる日本ハム二軍で指揮を執る今、果たして“夜の球場でのシャドーピッチング”を課すことは考えているのか。取材に行ったら聞いてみたいと思う。

文=小林光男 写真=BBM

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング