週刊ベースボールONLINE

平成助っ人賛歌

呂明賜 衝撃デビューも、アジアの大砲を悩ませた巨人首脳陣との確執とは?/平成助っ人賛歌【プロ野球死亡遊戯】

 

ON以来の救世主登場


豪快な打撃が魅力だった呂明賜


 平成の終わり、雑誌『Number』で同誌初の3号連続のイチロー特集が話題となった。同じように昭和の終わりには『週刊ベースボール』において、3号連続で表紙を飾った選手がいる。

 巨人の呂明賜である。1988年(昭和63年)7月4日号、7月11日号、7月18日号と3号連続の表紙で取り上げられ、特集内容も「呂明賜がもたらしたG打線の活性化 前に大きくの“怪物スイング”がG打線を根本から変えた!」「“呂効果”の全貌 恐怖の“全塁打者”は巨人を変え、プロ野球を変える!」「母国・台湾でも“呂フィーバー” 巨人・沢田幸夫元スカウト部長が語る怪物獲得秘話」と勢いのある文言が並び、「はばたけ新巨星!極致的全塁打者・呂明賜のすべて」という短期集中連載まで始まっている。もしかしたら、瞬間的にプロ野球史上最も騒がれた選手かもしれない。

 もともと呂は“第3の外国人選手”として来日した。当時の巨人にはウォーレン・クロマティビル・ガリクソンという元メジャー・リーガーの投打の柱がおり、一軍登録2人までの外国人枠は埋まっていた。台湾の逸材もあくまで彼らの保険的な立ち位置であり、日本で育てる意味合いも強かった助っ人である。80年代後半は郭泰源郭源治荘勝雄の台湾トリオ“二郭一荘”がNPBで活躍し、注目度が高まっていた時期で、同胞の先輩たちに刺激を受けた23歳の呂は87年12月に巨人入りを決断。

 アマチュア通算112発の“アジアの大砲”には大リーグのオリオールズや日本の大洋からも誘いがあったが、尊敬する母国の英雄・王貞治が指揮を執る球団を選択した。身長178センチ、体重86キロの筋肉質の体型で、握力は80キロ超え。文化大3年時のホームラン競争では100スイング中52本をスタンドに運んだケタ違いの怪力が話題に。前年11月に体重100キロを超すオーバーウエートで兵役免除となったが、わずか3カ月で14キロの減量に成功しての日本球界挑戦だった。

 88年2月24日に宮崎二軍キャンプに合流し、捕手から外野手へのコンバートが検討される中で様子見のスロースタート。しかし、開幕するとファームでその打棒がいきなり爆発する。5月27日時点で、25試合、86打数34安打の打率.397、10本塁打、31打点。安打の内、約3分の1が本塁打の怪物ぶり。88年6月13日号の週べでは、さっそく『日本人なら間違いなく王巨人の四番に座っていたアジアの大砲!』の緊急特集が組まれている。辛口で知られる張本勲氏も「山本浩二(元広島)よりパワーがあって、大杉勝男(元ヤクルト)より器用なんだ。まったく、外人扱いというのが残念だね」と珍しく手放しで絶賛。クロマティ、原辰徳吉村禎章を大きく上回る底力とまで書かれる男の一軍デビューを誰もが待ち焦がれた。

 すると、この記事が出た直後のことだ。6月13日の阪神戦(甲子園)でクロマティが左手に死球を受け親指骨折。イースタン三冠王の呂は翌14日のヤクルト戦(神宮)に一軍昇格すると、即「六番・右翼」でスタメン出場。初打席で先発のギブソンからいきなりレフトスタンドへ1号3ランを叩き込んでみせた。大きなフォロースルーに圧倒的なパワー。以降9試合で7ホーマーと打ちまくり、巨人戦中継がゴールデンタイムの看板番組だった時代において、メディアも“ON以来の救世主登場”とお祭り騒ぎに突入する。

最大の理解者を失い低迷期へ


『週刊ベースボール』88年7月4日号表紙


 王監督は「これだけ騒がれたのは呂がホームランを打つからだけじゃない。ああいう見るからに迫力のある姿で、バッティングとはこういうものだと示したからだ。特に今の野球界は小手先だけの技術に走りすぎる傾向があるからね」と自軍の救世主を褒め、当時の週ベでも「巨人が、いや日本プロ野球が、呂を中心に動き始めた!」と6月25日ヤクルト戦(東京ドーム)での特大サヨナラアーチをリポート。当日の日テレ解説を務めた長嶋茂雄も「スイングの鋭さ、速さは現役時代の私に似ています。でもフォロースルーの長さは私以上だ。男の中の男です。武士道精神を感じます!」なんつって興奮しすぎてなんだかよく分からないミスター節を炸裂させる。昭和最後のプロ野球の夏は、巨人の背番号97が話題を独占していた。

 倒産寸前の家業を救う3人兄弟の末っ子のサクセス・ストーリーとして、昼間の主婦向けワイドショーが台湾にいる呂の家族を突撃取材なんて序の口で、雑誌『小学四年生』には「スーパーマリオブラザーズ3攻略法」や「キョンシーひみつ101事典」より豪華なピンナップつきの「呂明賜のホームランゲーム」が付録として封入。当時まさに小学4年だった自分も、「ミニ四駆よりもロメイシ」と同級生たちと盛り上がった。『週刊読売』ではさいとう・たかを新劇画「呂明賜がゆく」の連載開始。第一章“遅れて来たヒーロー”は16ページぶち抜きの破格の扱い。まさに日本中の老若男女がニューヒーローの呂を追いかける。7月17日の大洋戦(横浜)では巨人第51代四番打者に。前半戦終了時の打撃成績は打率.317、11本塁打、21打点。クロマティ、吉村といったクリーンアップを打つ主軸が故障離脱する中、首位争いをするチームを支えたのは間違いなくアジアの大砲だった。

 ジュニア・オールスターではゴールデンルーキー長嶋一茂と共演を果たし、オールスター戦では呂を見たいというファンの声に応えるため外国人枠を拡大して監督推薦で出場。しかし、球宴前から左ヒザを痛めたこともあり徐々に打撃が下降気味だった呂は、虫歯にも悩まされ、後半戦も絶不調。8月7日のヤクルト戦(神宮)ではスタメン落ちし、うっすらと目に涙を浮かべる背番号97の姿があった。山内一弘打撃コーチの「内角をバンバン攻められて、外の緩い変化球ってのがパターンになったら苦労するなあ……」という予言どおりに急ブレーキ。週べでも『いったい、呂明賜になにが起きているのか!』特集が組まれたが、最後まで復調することなく、79試合、打率.255、16本塁打、40打点、OPS.808という成績で1年目を終える。そして、首位中日に12ゲーム差をつけられ2位に終わった巨人は王監督が辞任する。

 最大の理解者を失った呂は、その後、低迷期へと入る。平成に突入した翌89年は藤田元司新監督のもと、クロマティが打率4割への挑戦で打ちまくり、5月4日にガリクソンが故障から戦列復帰すると、またも外国人枠の壁に阻まれ呂は二軍落ち。イースタンで15本塁打と意地を見せるが、一軍ではわずか2本塁打。松原誠打撃コーチの指導が合わず険悪な雰囲気に。90年、91年と一軍本塁打は0に終わり、91年ジュニア日本選手権のMVPを置きみやげに母国へ帰る。

古巣の首脳陣への不満


 週刊ベースボール91年11月25日号には台湾へ戻った呂の貴重な直撃インタビューが掲載されている。巨人時代によく面倒を見てくれた原辰徳から紹介された店で作ったスーツ姿で、市内のコーヒーショップに現れた呂は、古巣の首脳陣について不満をぶちまける。

「松原さんには、言うとおりに打たないと怒られましたね。で、チャンスをもらえない。しかし、言われたとおりのフォームで打とうとすると打てない。萎縮してしまいます。悲しかったですね」

「一軍に上がっても出番が与えられず、ベンチにばかり座っているのは本当に悲しいものです。そしてたまたま出番を与えられるときは、いきなり五番とかでしょう。それで必死になってやると次の日はまたベンチでしょう。これには納得いかなかったですね」

「ファームにいるときに、あきらかに自分より悪い人が内野でも外野でも一軍に上がっていったことですね。上田(和明)のサードなんか『なんで……』でした。打てないし、故障もあったのに一軍だったからね。今年はボクも精神的に切れてしまいました」

 ついにはチームメートもディスりだすアジアの大砲。最後には「近藤さん(昭仁氏)、松原さんがやめたんでしょう? それはたぶん、選手たちはうれしいと思うよ」と強烈なひと言を残しインタビューは終わっている。呂はこの直後に台湾プロ球界入りを表明したという。

 日本通算18本塁打。プロ野球史上に残る記録より記憶に残ったスラッガー。昭和の最後に輝きを見せたアジアの大砲は、平成で復活することなく日本を去った。なお、2013年秋に台湾で開催された侍ジャパン強化試合で、対戦相手の台湾ナショナルチームの指揮を執ったのは49歳の呂明賜監督だった。

文=プロ野球死亡遊戯(中溝康隆) 写真=BBM

関連情報

関連キーワード検索

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング