週刊ベースボールONLINE

HOT TOPIC

通算最多得点は誰?/日本人メジャー何でもランキング

 

2位ゴジラも自力と他力で稼ぐ


ヤンキース・松井秀喜


・日本人メジャー通算最多得点

【通算得点BEST5】
1 イチロー  1420
2 松井秀喜   656
3 青木宣親   377
4 松井稼頭央  330
5 井口資仁   267

 試合数や安打数が断トツで、一番打者としての出場がほとんどだったイチローがここでもトップ。そんな中で、リードオフマンのタイプではなかった松井秀喜が2位に入った。といっても、自らの本塁打や後続打者の長打によって、そういうタイプの打者が「得点王」になることはよくあり、NPB通算得点のトップは王貞治の1967。松井自身も巨人時代にシーズン得点がリーグトップだったことが5回ある。メジャーでリーグ最多になった経験はないが、ヤンキース時代はラウル・モンデシー、ルーベン・シエラ、トニー・クラークら生え抜きではないベテラン打者が六、七番あたりをよく打っており、松井は彼らのバットによってホームを踏む機会が多かった。

写真=Getty Images

関連情報

関連キーワード検索

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング