週刊ベースボールONLINE

HOT TOPIC

通算最多登板は誰?/日本人メジャー何でもランキング

 

7年連続46試合以上


エンゼルス・長谷川滋利


・日本人メジャー最多登板数

【通算登板数BEST5】
1 長谷川滋利 517
2 上原浩治  436
3 田澤純一  388
4 斎藤隆   338
5 野茂英雄  323

 実働年数が一番多い投手は野茂英雄だったが、登板数だと先発ではなくリリーフ投手が有利なので野茂は5位になる。1位の長谷川滋利はオリックス時代、2ケタ勝利を4回経験している先発投手だったがメジャー移籍1年目のシーズン序盤から中継ぎに専念。7年間すべてで46試合以上に登板し、60試合登板も5回。大きなケガもなく、信頼を勝ち取った。マリナーズ時代の2003年にはオールスターゲームに出場し、シーズン後半には故障した佐々木主浩の代わりにクローザーを務めることもあった。2位の上原浩治はメジャー9年間での436登板のうち、先発はわずか12試合。ほぼリリーフで95セーブのほかに81ホールドの成績を残した。

写真=Getty Images

関連情報

関連キーワード検索

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング