週刊ベースボールONLINE

冷静と情熱の野球人 大島康徳の負くっか魂!!

大島康徳コラム第95回「タッちゃんにだまされた!」

 

入団会見。僕の後ろが正田。その左が田中。そして、右手前が東大君


この試合はお前にやる!


 プロ野球キャンプが始まって、もう2週間以上です。選手たちも、今が疲れのピークでしょうね。

 特に若手選手は、ほかの選手の仕上がりや自分の置かれている立ち位置が気になり、自分のペースを守るというのがなかなか難しい。でも、ケガをしてしまったら元も子もありません。自分の目指す目標を着実にクリアしながら、開幕に向けて仕上げていって欲しいと思います。

 キャンプの時期、スポーツニュースを見たり、スポーツ新聞を読んだりすると、自分の現役のころを思い出します。あのころは、朝、目が覚めると、今日はヒジは痛くないか? 足は痛くないか? と体の状態を確かめるところから1日が始まりました。もう現役をやめて25年になりますが、実は、今もその習慣は残っていて、毎朝、確かめてしまいます。体にしみついた習慣なのでしょう。

 そうそう、私が若かったころは、ドラゴンズのキャンプは沖縄ではなく、兵庫県の明石市や宮崎県の串間市で行われていました。

 昔の冬はいまよりずっと寒かった。特に明石は、キャンプインの時期にいつも雪が降っていましたしね。オフの間、しばらくバットを振っていないものですから、手の皮膚も柔らかくなりバッティング練習をしても、とにかく手が痛いんですよ。寒いからなおさらですよね。そこで考えたのがスキー用の手袋を右手にはめてのバッティングです。あれはわれながらナイスアイデアでした。

 僕は、右ヒジに故障を抱えていたこともあって寒さが本当に堪えました。今みたいに、自主トレにしろキャンプにしろ、暖かい場所でというのは大正解だと思います。

 では、今回も1999年大島の日本ハム新監督時代にタイムスリップ! ドラフト話の続きをします。

 あのときの1位は、桐生第一高の正田樹でした。夏の甲子園で優勝した左腕です。競合なしでしたし、スカウトも僕もまずはニンマリです。

 意地の悪い言い方になりますが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

中日、日本ハムで主軸打者として活躍し、日本ハムでは監督も務めた大島康徳氏が自らの一風変わった野球人生を時に冷静に、時に熱く振り返る連載コラム。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング