週刊ベースボールONLINE

三浦大輔の「Hit it! If you can.」

三浦大輔コラム「DeNAに結果と言動で引っ張る投手が出てくればもっといい投手陣になる!」

 

好評連載コラムの出張版として昨年まで選手兼投手コーチだった野球解説者の三浦大輔氏に投手陣の前半戦チェックと後半戦、投手陣が飛躍するために何が必要なのかを語ってもらった。
※成績は7月27日現在、QSはクオリティー・スタート


CHECK POINT1 前半戦の先発投手陣の出来は?


先発ローテの頭数はそろった

 前半戦では、石田健大が左ヒジ違和感で戦列を離れてしまったところを、新人の濱口遥大、井納翔一、今永昇太がよくカバーしたと思います。長いイニングを投げられる安定感のある先発陣を形成しました。そこにウィーランドが加わり、試合を作れる先発が増えてきたな、と感じていました。谷間などでベテランの久保康友や若い熊原健人、飯塚悟史がいい投球を見せてくれました。最近のDeNAでここまでローテーションを回せる先発陣はできていませんでした。それが今年はしっかりとした形ができていることは大きいです。

CHECK POINT2 先発陣個別編


石田健大 高いレベルで今永と競え!

 左ヒジの違和感から復帰してからは、いい感じで投げていると思います。戦線離脱している間にライバルの今永や濱口が活躍しました。特に今永とは昨年あたりから比較される部分も多くありますから「今永が勝てば、オレも」という競争原理が働いていると思います。それが高いレベルでの争いにつながりそうな予感がありますので、そこが後半戦の楽しみでもあります。今年はもうこれ以上ケガなどで離脱してもらったら困る存在。1日1日しっかり体をケアをしながら残りのシーズンを戦ってほしいですね。

今永昇太 成長することにどん欲な男

 今年は、昨年のルーキー時代の失敗に対し「同じことは繰り返さないぞ」と、工夫しながら投げているのが見てとれます。意識を高く持ってやっているなあ、と。その失敗を繰り返さないという強い気持ちがマウンド上で表現できていますね。彼は、成長しようとすることに・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

自分が現役生活で得た経験、そしてユニフォームを脱いで“外”から眺めた野球界について、感じたことを発信していきます。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー