週刊ベースボールONLINE

三浦大輔の「Hit it! If you can.」

三浦大輔コラム「奥深き変化球の世界。野球の魅力であり楽しみの一つ」

 

自分の現役時代のフォークの握りです。ボールを挟むために関節を柔らかくする練習をしていました


二段モーション論争


 菊池雄星(西武)の二段モーションの一件がNPBとの話し合いの結果、一段落となりました。今後はルールに従いフォームを修正するとのことですが、これがどれほど大変な作業なのか、よく分かります。自分が二段モーションの禁止によってフォームを改造せざるをえなかったのは2006年の開幕前。キャンプで試行錯誤して、「ここまではOK」「これはダメ」と一つひとつ確認しながらフォームを固めるという時間のかかる作業でした。それだけ投手にとって、フォームはとても大事なものなんです。

 菊池にモーションで変化をつけて打者のタイミングを外そうとか、そうした意識はなかったはずです。あくまでもいいボールを投げようと、追求した結果です。シーズンは9月を迎える大事な時期ではありますが、何とかこの逆境を乗り越えてもらいたいものです。

 さて、今回は変化球について書いていきます。今年も千賀滉大(ソフトバンク)の「お化けフォーク」をはじめ、印象的な変化球の使い手が・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

自分が現役生活で得た経験、そしてユニフォームを脱いで“外”から眺めた野球界について、感じたことを発信していきます。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー