週刊ベースボールONLINE

斬り込む自在の野球論 川口和久のスクリューボール

川口和久コラム「1週間で明暗を分けた広島と巨人」

 

6回二死一、三塁で降板した菅野[左]。まだ3対3と同点だっただけに続投してほしかった/写真=小山真司


菅野の交代は「?」だね


 失敗したな……。連載1回目の大谷翔平(日本ハム)さ。締め切りの後、右足首の故障をかばった影響もあって左足を痛めたけど、いままで、そういう選手をたくさん見てきた。右、左のバランスは大事なんだよ。もしかしたらと思っていたんだ。ズバリ予言できたら連載のスタートとしては面白かったんだけどな。あとから書いても面白くないでしょ。ああ、悔しいな。

 先週もカープが目立った。対巨人3連勝で10連勝、阪神には1勝2敗だったけど若手投手が頑張っているね。加藤拓也床田寛樹の新人2人、2年目の岡田明丈、われら鳥取の星・九里亜蓮もいる。黒田博樹の穴も、抑えの中崎翔太の離脱も関係ないね。

 これは打線のおかげ。投手と打線の関係は、密接であるべきで、打線がいいときは先制されても、いつか逆転してくれると信じてピッチャーは踏ん張れるんだ。打線の爆発で、若い投手たちがすごく楽に投げられている。

 逆に、ちょっと心配なのがジャイアンツ。5連敗もあったけど、勝敗の話じゃないんだ。心配し過ぎかもしれないけど、4月11日、対広島戦[東京ドーム]で、菅野智之をなぜあそこで代えたのかな……。

 菅野は5回まで完ぺきに抑えながら、6回に崩れて降板した。結局、広島に6点を奪われるビッグイニングになって、その裏、同点にしたのに、また勝ち越されての負け(6対9)。かなり後味が悪いよね。

 あのまま投げさせたら勝てたという意味じゃないよ。球数も125球だから、完投はほとんど不可能だった。でも俺は、あの場面、菅野で“撃沈”でもよかったと思ってる・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー