週刊ベースボールONLINE

川口和久のスクリューボール

川口和久コラム「球界には『回復力』が大事だ?」

 

6月6日の試合は球場で見ていた。新井はパワーも健在だな/写真=高原由佳


新井の凄み


 巨人の連敗が6月9日の日本ハム戦[札幌ドーム]でやっと止まったけど、相変わらず打てないな。日本ハムは、大谷翔平不在で、中田翔もまだ本物じゃない。俺が勝手に作った言葉だけど、「ベリー・スモール・ベースボール」をせざるを得ないチームにやっと2対1だからね。陽岱鋼も帰ってきたし、もうFA選手がどうこうは言えない。このメンバーで、どこまで攻撃力を回復できるか。

 前回のコラムは、「交流戦なんかやめちゃえば」というタイトルだったけど、「交流戦のさなかに、あんなこと書いて大丈夫ですか」って言われた。本当は、交流戦をやめろじゃなくて、セでもDH制をしたらという話が中心だったけど、まあ、いいさ。野球もコラムも面白いと思ってもらえるのが一番だからね。

 巨人の記念すべき勝利の2日前まで、俺も北海道にいたんだ。ゴルフじゃないよ。いや、ゴルフもしたんだけど、それは少し時間が空いたからで、目的は札幌ドームの日本ハム-広島戦の解説さ。6月7日、日本ハムは斎藤佑樹が先発した試合ね。そのとき久しぶりに広島の新井貴浩と話をしたんだけど、アイツも40歳になったらしいね。

 いきなり「川口さん、僕もうダメです」って言われたんで・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング