週刊ベースボールONLINE

川口和久のスクリューボール

川口和久コラム「打てないヤツはカープ・アカデミーへ行け!」

 

96年、オリックス時代のイチロー。最初から特別な雰囲気があった選手だ


野球の研究者って何?


 野球の研究者ってなんだろうね。イチローの話さ。今季はもう試合出場はなく、来季以降は復帰もあるかもしれないって、何だかややこしいね。

 メジャーでも前例のない待遇をしてくれたわけだから、マリナーズのイチローに対するリスペクトは感じる。日本人として誇らしい気持ちはあるよ。けど、要は、事実上の引退だよね。万が一、ケガ人が出て選手が足りなくなったら、来季の日本開幕戦には出てもらうかもしれませんって感じでしょ。

 練習には参加するという話だけど、どうやってモチベーションを維持するのかな。練習でやったことを試合で試す、練習で準備して試合に備えるのが今まででしょ。来る可能性のほうが低い出番をどういう気持ちで待つのかなと思う。

 研究ということは、これから・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

川口和久

広島、巨人で活躍した川口和久氏が独自の視点でプロ野球に斬り込む連載コラム。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング